カテゴリー「絢香2012」の6件の投稿

2012年12月 8日 (土)

絢香ファンクラブ会員の継続

以前からファンクラブ会員の継続についてメールが来ていたのだが、今日ようやく継続手続きを行った。

年会費は手数料込みで、4,200円。

年会費は、活動休止前のファンクラブの年会費と同じ。

 

以前と違ってファンクラブ会報がないのは残念だけど、「RADIO Ayaka」がある。

 

それと、2月にはファンクラブイベントがあるのだ。

2月といえば、僕にとって多忙な時期。

 

申し込み期限まで時間がないけど、行けるかどうか調整をしないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

another side of 絢香

TUTAYAでレンタルされている「another side of 絢香」をヨメが借りてきてくれた。

バンドメンバーやライブプロデューサーなどのインタビューや武道館でのライブシーンなどを編集した内容だ。

インタビューでは、絢香さんの凄さをドキュメンタリータッチで皆が語る。

与えられたセリフではなく、自分の言葉で話している感じが伝わってくる。

とても、上手に編集されているから、一層そのように感じるのだろう。

ちょっと気になったのは、歯の浮くような内容が絶え間なく続くこと・・・。

絢香さん自身のトークは一切ない。

が、未公開のミュージックビデオも収められているので、一見の価値はあるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年10月 7日 (日)

スープカレー SOUL STORE

絢香さんが、ライブのために札幌に来て、東京に帰る前に訪れたというスープカレーのお店。

先日、夫婦2人で行ってきたよ。

Dsc_0035


店の名前は「SOUL STORE」

道立近代美術館の西側にある。

 

僕がオーダーしたのは、これ。

Dsc_0033


嫁がオーダーしたのは、これ。

Dsc_0032


絢香さんがオーダーしたのは、嫁と同じもの(チキンカレー)。ただし、カレーの種類は僕のもの(ボッサ)と一緒らしい。つまり、チキンカレーのボッサだ。(イケメンの店員さんに確認)

このカレー屋さん、お店は決して広くなく、平日であってもかなり混雑している。そして、なぜか女子のおひとり様が多い。

嫁が分析したところでは、店員さんがイケメンで気さくなところがあるからでは・・・という。

確かにイケメンだ。

店員さんの写真はないので、興味のある女子は行ってみたらどうでしょう。

Dsc_0034

こちらは店内の様子。

 

 

さて、この日は、人間ドックを終えた後に行ったのだが、これが良くなかった。

空腹だから、ガツガツ食べられると思いきや、バリウムのせいか、お腹が膨れて食べられない。

少し残してしまった・・・。

さて、リベンジするか。いや多分しないだろう。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月27日 (木)

ayaka's BEST

今日は、人間ドックから帰宅すると、絢香さんのベストアルバムが届いていた。

この中で僕が注目していたのは、DVDに収録されている「WARNER MUSIC CONVENTION LIVE 2005」の映像。

多くの人が絢香さんを知る前で、まだ「原石」と表現されていたころの映像だ。

 

5曲歌っているけど、どれも僕が好きな歌ばかり。

ビブラート全開で、全力で歌っている姿が印象的だ。

Imga0725


2008年のオフショット映像も懐かしい・・・。

宮古にはいってないけど、然別湖には行ったなあ。

 

 

ところで、今日は人間ドックを終えた後に、スープカレーを食べに行ってきた。

絢香さんが今年の札幌公演の後、行ったお店。

まあ、このことは後日紹介することにしよう。

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

絢香さんライブin札幌 備忘録

今日は,ライブ疲れなのか,余韻が残っているのかわからないけど,イマイチ仕事に集中できない。

実は、昨日のライブには、同じ職場の先輩も参加していて、ファンクラブサイトに掲載されている写真を見ながら話に花が咲いた。

早速、PCの壁紙に設定したりと、ニヤニヤしながら1日が終わっていったような気がする。

平和だな、マッタク・・・。

 

 

この2日間のライブは、本当に素晴らしく、質の高いものだったと思う。

今のうちに、もう少々備忘録として残しておくことにしよう。

Sany0002


2日間ライブに参加させてもらい、1日目より2日目の方が,出来はよかったと思う。
これは,僕の座席が良かったから,贔屓したいワケではない。
1日目は,何度か声が出ないシーンがあった。(と思う。)
2日目は,声が出ないなんてことはなく,アルバムとは違った歌い方をするなど,ちょっと余裕を感じた。
これは,声が出ないのを誤魔化すためのアレンジではなかったと思うのだが・・・。
僕にとっては,ほとんど完璧な出来に思えた。
ただ、ただ心残りなのは,家族3人で参加できなかったことか・・・。

 

絢香さんは,4枚目のシングル「三日月」が大ヒットし,一躍有名となったのだが,その後,大ヒットと言える作品はない。
僕は、今回,ライブで聴いた「ツヨク想う」にその可能性を感じるのだが,今後シングル化されたとしても,深夜のニュース番組のエンディングでは,一般には広まらないだろう。
ゴールデンタイムのドラマ主題歌で使われていれば・・・。

 
今日の僕の頭の中は、「ツヨク想う」ヘビロテだった。
深夜のニュース番組のエンディングとして聴いた時は,それほどの衝撃はなかったけど,ライブで,フルバージョンを聴いたら,その重厚感に圧倒される。
ちょっと心配なのは,CDとして聴く前にライブで聴いてしまったことかな。
CDでは,ライブのような重厚感は出せないからなあ・・・。

 

何度かライブに参加していると,こちらが求めるレベルがどうしても高くなってしまう。
歌い手も人間だ。
機械じゃない。
全ての歌で,全ての人の好みに合わせて,いつも同じレベルのパフォーマンスなんてできっこない。

僕はね,天の邪鬼にも2つの気持ちが行き来するんだな。
プロの歌い手だし,金払って足を運んでいるのだから最高のものを聴かせて欲しいという思い。
その一方で,完璧にならないで欲しいという思い。
声の伸びが足りないとか,裏声で声が掠れるとか
そういうスキというか発展途上の要素が残っている方がいいとも思うのだ。

だから,また最高のものを求めてライブに行きたくなるというサイクルが生まれると思いません?

Photo


話は変わるが,活動休止前より歌が上手くなったという評価が多いらしい。
今回,ライブを通して,確かに僕もそう思った。
個人的にそう感じたのは,ビブラート。
実は、僕は宇多田ヒカルさんのようなビブラートが好きなんだけど,絢香さんのビブラートが,本物というか正真正銘のビブラートなんだと思う。

 

以前、いつだかのブログで書いたと思うのだが,僕にとっては,First MessageのライブDVDがベンチマークになっている。
こと「歌」に関しては,昨日の札幌公演の方が上と僕は感じた。
歌に関しては、大変満足だったのだが、何となく満たされていない感情がある。

この心のスキマはどこから生まれてくるのか。
僕が、絢香さんのファンになったのは、First Messageのツアーが終わってからだったので、当然、当時のライブをリアルタイムで見ていないのだが,この頃の映像からは歌に懸ける思いや必死さ、直向きさが伝わってくる。
このころはまだ10代だし,デビューして1年経っていないこともあって,少々荒削りな面もあったが、それはそれで彼女の魅力であった。

じゃあ、歌が上手くなった今の方がダメなのかと言ったら、そういう訳でもない。今のように、力まずに肩の力を抜いて、時には語りかけるような優しい声で歌うのも、とても良いと思うのだ。

 

何だか、支離滅裂になってきたけど、こうやって自分の感じたことを文字に整理していて分かってきたことがある。First Messageツアーの頃と現在のThe beginningツアーとの決定的な違いは、MCにあるのではないだろうか。

当時のMCは、僕にとっては胸を打つものがあった。それは、自分の考えを自分の考えで伝えようとしていることが感じられたからだ。

今回のMCは、活動休止中のリアルな話があるし、以前と変わらず笑わしてくれる箇所もある。でも、何と言うか、刺激はあまり無く、淡々と決まったセリフを話しているようにも感じられた。
2年間の活動休止中の辛さや歌に懸ける気持ちは、The beginnigに収められている楽曲の歌詞の中で、これでもか!っていうくらい伝わってくるのだが、MCでは、それが伝わってこなかった。

 

まだ復帰間もないからまずは歌に専念したいとか、言いたくても言えないことが沢山あるのかもしれない。そんな大人の事情は、ファンの僕に分かるはずもない・・・。

 

言いたい放題なので、別のファンから痛烈な批判を受けるかもしれなけいど、最高の歌を聴かせてもらった僕にとって、次のライブツアーに行くための目的が見つかった。

次回のライブツアーでは、MCにも注目していきたい。

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

絢香ライブin札幌 2days

行ってきたよ、絢香さんのライブ。

いや~何というか、すんばらしい。

 

もう夜遅いし、明日から仕事だし、詳しくは後日書こうと思うのだが、「詳細は後日」と言って書いたためしがない・・・。

 

昨日は12列目、今日は何と最前列ド真ん中!

デキは昨日より今日の方がヨカッタと思う。

客のノリは、昨日の方がヨカッタと思うけど、僕のノリは今日の方がヨカッタ。

何度も言いますが、最前列ですから。

しかもド真ん中。

最前列で見る(聴く)というのは、こんなにも素晴らしいのかと実感した。

もう2度とこの場所で聴くことはないのだろうと思い、堪能させていただきましたよ。

 

 

今日は、家族3人で行く予定だったのですが、娘(あやか)が高熱でダウンし、本日誕生日のヨメに娘を託し、僕一人楽しませてもらったワケで・・・。(何てひどい亭主だ)

やむを得ず、知人夫妻に2枚のチケットを譲り、僕1人で参加することになったのだ。

 

 

さて、感想を一つ二つ。

 

ライブでは、NEWS ZEROのエンディングで流れる「ツヨク想う」という歌を歌う。

全部聴けたのは、このライブが初めてだけど、この歌いいね。

サビの盛り上がり方もいいし、十八番の裏声も随所にあるし。

曲がいいよ。

 

 

何だよ、良かった話ばかりじゃないか~。

辛口の感想を待っているあなた、お待たせいたしました。

 

敢えて不満を言うならば、セットリスト。

何と言うか、メリハリが効きすぎかな~。

盛り上がったところで、次はガクンと静かな曲になってしまうので、本当は、座って目を閉じて聴きたくても、立ちっぱなし。(座って聴きたけりゃ、座ればいいだけのことなんだけどね)

逆に、立ち上がるタイミングがわからず、この曲座って聴いていていいの?みたいな。

「Magic Mind」と「Hello」は連続している方が、いいと思うな~。

 

おっと、12時過ぎた。

今日はこの辺で。

おやすみなさい。

| | コメント (9) | トラックバック (1)