カテゴリー「エクシーガ」の13件の投稿

2013年1月 4日 (金)

エクシーガに金属音

今日から仕事。

休み明けということで、何となくノリが悪い。

天気は大荒れだし、職場は寒いし、金曜日だし・・・ということでさっさと帰宅。

 

明日は、雪を融雪機で融かして、スバルに行かないと。

どういう訳か車を走らせると左側から「キー」と金属音が鳴る。

ブレーキを踏むと少し音が静かになるから、ブレーキ関係かもしれない。

スバルの初売りは明日からなので、取り敢えず朝一で連絡して、見てもらう予定だ。

 

午後からは、新しいストーブの設置がある。

時間があれば、メガネ屋にも行きたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

HIDフォグ装着

エクシーガのフォグに関しては、当初、ホームセンターで2個700円くらいのバルブを購入し、これに交換していた。

が、やはりハロゲンタイプのものでは、明るさに限界がある。

最近では、HIDタイプのものが数千円で手に入るようになった。

ということで、HIDタイプのものに交換することにした。

 

僕が選んだのは、「信玄」という商品。

Sany0081_3

Sany0081_2


Sany0081


35Wで、6000K(ケルビン)というスタンダードスペックなものにした。

 

交換作業には、フロントバンパーの脱着が必要となる。

Sany0074


配線は、付属の取説を見ながら行えば、何も難しくない。

カプラーを繋げるだけ。

バラストをどこに設置するのが適当か、ということを若干考えることになるが、DIYは、こういうことを考えるのが楽しいのだ。

 

運転席側

Sany0077


写真では、純正ホーンが写っている。(バラストの隣の黒くて丸いもの)

2枚目の写真にあるように、当初はフロント中央にアルファホーンを2個装着していたが、1個を純正ホーンのこの位置に移設する作業も行った。

 

助手席側

Sany0079


装着後、ライトを点けてみると・・・メッチャ明るいのを実感できる。

純正のヘッドライトの方が暗くて、黄色がかった色のように見えてしまうくらいだ。

ヘッドライトとフォグランプの両方を点灯させた後、フォグランプだけを消した場合、とても暗くなったような感じになる。

これは、明るくていいわ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

エクシーガ フロントグリル交換

エクシーガの改造は、何も違法改造ばかりじゃない。

購入して2年。

あまり紹介してこなかったが、他にも弄った個所はたくさんある。

 

その一つ。

フロントグリルの交換。

 

エクシーガに乗っている人の多くが、メッキ調のフロングリルがイマイチ・・・ということを感じるはずだ。

Sany0842

塗装したり、カーボン調に変えたりする人もいれば、リベラルなどの社外品に変える人もいる。

僕は、純正オプションのグリルに交換した。

感謝デーに15%引きで購入し、もちろん取付は自分で。

 

アッパーグリルの交換は簡単。

ビスを外して交換するだけ。

 

だが、アンダーグリルは、バンパーを外す必要がある。

バンパーの脱着も慣れれば簡単なのだが、下に潜る必要があるので、若干面倒くさい。

が、バンパーを外してしまえば、後はビス止めだけなので作業自体は難しくない。

Imga0564

交換後の写真。

スポーティで引き締まった感じになる。

ま、あくまでも自己満足。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

エクシーガ違法改造

僕の愛車、エクシーガ。

先日、ようやく2万キロを超えた。

Imga0938

年間で約1万キロのペース。

今年は遠出が少なかったので、ペースは落ち気味かな。

 

 

9月には12か月点検があって、3点直ちに改善するよう工場の方から指摘があった。

 

一つは、撤去したセカンドシートを元にもどすこと。

僕は、3列目の乗り降りがし易いように、セカンドシートの左側を試に取り外してみた。

そのタイミングで、12か月点検を受けることになったのだが、この車両は7人乗りとして登録されていて、撤去すると7人乗車できないので、違法となるとのこと。

ちなみに、車のシートって、かなり重いことを知っていますか?

 

 

それから、ウインカーポジション。

Imga0896


スモールライトに連動して、ウインカーのランプを点灯させるアイテムがあって、これを付けてみた。

僕が付けたのは、明るさを調整でき、オン・オフのスイッチも付いているモノ。

ウインカー使用時は、通常通り点滅するようになっている。

光モノは、安全上の制約がいろいろあるらしく、これもダメ。

 

 

そして、ナンバープレートのヤンキー仕様。

Imga0883

斜めになっているのがダメというよりも、出っ張っているのがダメとの指摘。

車検証には車両の長さが記載されているけど、これを付けると記載されている長さを超えてしまうのでダメらしい。

 
 

 

どうやら車検時に元に戻しておけば良いというワケではないらしい。

このような違法車両が営業所や工場に停まっているだけで、罰せられるので、くれぐれも直すように注意を受けた。

あくまでもルール上は・・・。

 

 

ということで、セカンドシートとナンバープレートのフレームは直した。

ウインカーポジションは、直前にスイッチを切る。

今度の、感謝デーの無料点検は、これで乗り切れるだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2011年9月 8日 (木)

ダウンサス装着

さてと、ボチボチ「クルマ」ネタいきましょうか。

 

今年の春に、念願のダウンサスを装着したんですね。

といっても、「RS☆R」の安いバネ。

Sany0772

よく利用しているジェームスで作業をしてもらいました。

  

ビフォー

Sany0664

Sany0661

(フロント)

 

アフター

Sany1180

Sany0915

Sany0916

 

フロントで2センチ、リアで3センチくらい落ちたでしょうか。

もう少し下げたくなりますが、冬のことを考えるとこれが限界かな。

何しろ、昨シーズンは、ノーマルの状態でも家から出すことができないことがありましたから・・・。

  

 

乗り心地は、ほとんど変化なしで快適です。

装着後、5か月経過しましたが、バランスが崩れてまっすぐ走らなくなる・・・ということもなく、アライメントの調整は不要でした。

  

果たして、豪雪地帯の冬を乗り切れるかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日 (土)

エクシーガ ガナドールマフラー排気音

エクシーガのマフラー排気音を「you tube」にアップしてみました。

you tube  のアカウントを取得して、早速アップロード。

アップロードしたファイルとリンクさせました。

 

折角の音がイマイチ聞こえないので、今度もう一回アップしてみようと思います。

今日は寒い・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月29日 (月)

タイヤ交換と光軸調整

  昨日と一昨日は、仕事でした。

しかも朝7時半出勤。

 

そして、今日はうれしい、うれしい振替休日。

ところが、朝カーテンを開けると一面雪化粧なのです。

『おぉ~これじゃどこにも行けないじゃねえか。』

まずは、タイヤを交換しなければ・・・。

 

Sany0502 

『そうだ、タイヤ交換の時にフォグランプの光軸調整もしよう。』

 

まず後ろのタイヤの交換を済ませてから、前の夏タイヤを外す手順で進めました。

 

フォグランプのバルブ交換の方法は、取説にも記載されていて、例えば右側のバルブを交換するならば、左側にハンドルを一杯まで回してスペースを確保します。

それなら、タイヤを外した状態の方が作業をしやすいでしょう。

 

  

光軸の調整の準備として、3つのビスを外す必要があります。

Sany05082

これはフェンダーの内側

Sany05102

これは、下から覗いた写真

左側が前方

 

僕の車の場合は、フロントにスポイラーが付いているので、さらに2つのビスを外す必要があります。

Sany05072 

 

 

それでもって、フェンダーめくります。

Sany0512

 

すると、その奥に、フォグランプ本体があります。

Sany05132

赤マルの箇所にあるネジ(写真ではちょいと見えにくい)をプラスドライバーで反時計回りに回すと光軸が上がります。

 

思いのほかフェンダーはめくれないので、隙間は腕がようやく一本入る程度。

中の空間も広くないので、普通のプラスドライバーだとうまく回せないと思います。

僕が使った工具はコレ。

Sany0517_2

光軸の調整に使ったのは、左から2つ目の黒い工具です。

これを使って、45度ずつ12回ほど、つまり3回転ほどまわしたと思います。

 

どのくらい光軸が上がったかな。

しばらく様子を見てみよう。

 

その後、前タイヤをスタッドレスに交換して作業終了。

F_2_2

なかなか素敵なホイールだわ。

オフセットは純正の55ミリに対して48ミリ。

つまり、7ミリ外側に出ることになりますが、まだツライチにはなっていないですね。

  

 

ちなみに、これは我が家の向かいに住む個人タクシーのオヤジ。

Sany0521

自分の家の雪を死に物狂いで道路に投げ飛ばし、満足の様子。 

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

ボクサーサウンド復活!

ガナドールに注文していたマフラー(VRE-033)が届きました。

Sany0522

マフラー本体2本、ガスケット2つ、ボルト4本。

こちらが、ビニールから取り出した写真。

いわゆる砲弾型のマフラーですね。

Sany0528

左側のマフラーにJQRプレートが貼り付けられています。

今年の4月からマフラーの規制が厳しくなりまして、その規制をクリアしていることを証明するものとして、このJQRプレートが付いているのです・

Sany0526

JQRの次の「2」という数字は、消音器の個数を表わしていて、マフラーが左右出しなら2と表示されるワケです。

なので、片方のマフラーにしか貼り付けられていないのです。(両方のマフラーに付いていなくて大丈夫なのか心配になって、ガナドールに確認しましたので、間違いありません。)

次の「0」は触媒の有無。

その次の「10」は、認証を受けた西暦の下二桁ということ。

  

 

さて、いよいよ取り付けです。

僕が自分で取り付けてみようと思ったのには理由があります。

①工賃を浮かせる。

②自分で交換する楽しみを味わいたい。

③交換して最初のエンジン始動は自分でやりたい。

ってところでしょうか。 

  

 

付属されていたボルトはM10×30サイズ(ネジの太さが10ミリで長さが30ミリ)のスチール製。

マフラーの交換で一番の難所は、センターパイフとマフラーを繋げるボルトを緩めること。

下回りの過酷な状況下でスチール製のボルトだと、錆びによる固着により緩めるのが容易ではなくなるのです。

いつか、純正のマフラーに戻すことも考えられ、僕は別途ステンレス製のボルトを用意していました。

Sany0530

僕が使用した工具はコレ。

Sany0531

 

車の下に潜り込んで作業するため、少しでも作業しやすいように3~4㎝だけ持ち上げました。

Sany0532

この3~4㎝の違いが、太り気味の僕にとっては作業をしやすくしてくれました。

手前に移っているのは、この手の作業には欠かせない「CURE556」。

 

まず、センターパイプとマフラーを繋げているボルトを外します。

Sany0540

純正のマフラーで使用されているボルトは14ミリの工具を使用して外します。

 

次に、2箇所あるラバーマウントを外します。

Sany0545 

ラバーマウントは、マフラー本体と車体を繋げているゴムね。

Sany0547

わずか1500キロくらいの走行で、もう錆びてるわ。

ここは手力で外すしかないので、CURE556を噴射して緩めます。 

 

Sany0534

左側が純正のマフラー。

全然形状が違いますね。

それにしても、純正マフラーの中はどうなっているのでしょう。

動かすと水がたくさん溜まっている音がします。バシャバシャ・・・。

 

取り付けは、取り外しとは逆の工程で行います。

センターパイプとマフラーの間にガスケットを挟んで、ボルトで締めつけます。

ボルトは純正が14ミリの工具でしたが、交換するボルトは17ミリの工具を使用しました。

 

Sany0535

左側が交換後のマフラー、右は純正マフラーです。

 

てな感じで、両方のマフラーの交換を終え、一休み・・・。

 

そして、いよいよ点火式!

エンジン始動。

 

おおぉ~! 

ボクサーサウンドだぁ!

 

ボクサーサウンドとは、水平対向エンジン(ボクサーエンジン)を搭載するスバル車特有の排気音のことです。

 

ごめんなさい。

その素敵なサウンドは、文字で表現できません。

 

僕は、前の前に乗っていたレガシィでもマフラーを社外品に交換していた時期がありまして、当時と比べると随分静かな音になりましたね。

この10年くらいの間に随分規制が厳しくなったのかもしれません。

 

あ、ちなみにヨメからは呆れられています・・・。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

バックカメラ

今日は、とあるカー用品店でバックカメラを取りつけてもらった。

 

エクシーガを初めて運転して以来、いつも感じていたことの一つとして、後方視界の悪さがある。

何とも車両感覚が掴みにくいのだ。 

 

このままでは、バック時にいつか「ぶつける」と思い、バックカメラの購入を急いでいたのだ。 

  

バックカメラはいいけどナビは?

そう、バックカメラの映像を映し出すナビが必要じゃない。

  

実はナビは納車前に購入済みだったのだ。

  

  

 

作業を終えた車に乗り込み、シフトをリバースに入れる。

するとナビのモニタから後方の状況が映し出される。

おお~意外と綺麗に映っているじゃない。

  

だけど、気をつけなければならないのは、頼り過ぎは危険ということ。

あくまでも、バックをサポートしてもらうものと思っている方がいい。

やはり、バックミラーとか自分の目で確認しないとダメ。

そして、最後にどこまで下がれるかを確認するのに使うモノですね。

  

  

まだ写真を撮っていないので、後日、画像付きで紹介しま~す。 

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月31日 (日)

エクシーガ登場!

さて、今日は仕事。
今日の仕事はゆるいな~。たまにはこういう時も無いとね。

 

そんなことはさておき、少しずつ車の話題にシフトしていこうかな。

 

え~購入したのはスバルエクシーガのGTでございます。
2リッターのターボ君です。

Sany03822

(新旧マイカーの2ショット)

 

車を見に行ったのは9月4日(土)
契約したのは、翌5日(日)

 

折りしも、エコカー補助金の予算が尽きる瀬戸際の時期で、吉瀬美智子さんが、9月5日までの成約分は、(政府の予算が尽きても)エコカー補助金と同額の10万円をメーカーが保証するという内容のCMに出演されていました。(エコカー補助金は終わったけど、エコカー減税は継続中)

 

いわゆる駆け込み需要の要因となった1人なのです。

 

最近は、車の値引き幅は決まっていて、下取りで多少調整するというパターンですよね。
ですが、タイミングが良ければ、メーカーが抱えている在庫車をかなりの値引きで手に入れることができます。
僕は、そのことを前車のレガシィ購入時に知りました。

 

スバルの車は、毎年ちょっとだけマイナーチェンジをしています。
最近は不景気の影響か、マイナーチェンジと言えるほどの改変もないようですが・・・。
 

エクシーガは、8~9月頃がその時期にあたっていたようで、ディーラーでの相談時にマイナーチェンジ前の在庫車が無いのか尋ねてみたところ、あったんですね~。
マイナーチェンジの内容は、個人的にはどうでもいいことですし、まあ、1ヶ月くらい前に製造されたということに目をつぶれば、30万円くらいの値引きで買うことが可能となるということで、僕は簡単に目をつぶってしまいました。

 

 

それでもって、納車となったのは、9月23日。

 

今後、末永く可愛がっていきたいと考えています。
 

今後の変化の状況を、随時とは言わないまでも、時々更新していきます。
(車の話は「みんカラ」で、と思ったのですが、愛着のあるココでやっていこうかと)
 

Sany0388  

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧