カテゴリー「車2010」の6件の投稿

2010年8月30日 (月)

ヘッドライトとフォグランプの光軸調整

昨日の日曜日のこと。

予定通り、洗車をしてから、光軸調整にチャレンジ。

 

ヘッドライトの光軸調整は、車内からでもできるのですが、その調整範囲には限りがあります。

その範囲を超えて、しかも左右別々に調整するには、エンジンルームを開けての調整が必要です。

 

一般的に、車内で光軸調整する目的は、フロントが通常よりも持ち上がった場合に、対向車への眩しさを軽減するためのものです。

フロントが持ち上がるケースは、トランクに荷物をたくさん積んだときなど。

要は、リアが沈むので、フロントが上がるということです。

さて、アウトバックのヘッドライトの光軸調整は、「多分」ココを回せばできる。

Sany0303

これは、助手席側ね。

運転席側は、エアダクトが邪魔なので、これを取り除く必要があります。

Sany0307

この2箇所のビスを外せば、エアダクトを簡単に取ることができますよ。

Sany0308

それでもって、出現したこのビスを回せば多分OK。

あくまでも多分ですからね。

 

実際に点灯させて確認したわけじゃないので、例えば光軸を上げたい場合に、右回りにすればいいのか左回りにすればいいのか分かっていません・・・。

  

 

また、フォグランプは、車内から調整することはできません。

いろいろ調べたところによると、このネジで調整するらしい。

Sany0301

右回りで上向きに、左回りで下向きに調整できる。

ヘッドライトと違い、ネジを実際に回せば、フォグランプが上下に動くので確認できます。

 

これらの光軸調整は、自分の運転のためにするケースが多いと思いますが、対向車にとって眩しくて見えないということのないようお願いします。

あくまでも自己責任でヨロシコ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月28日 (土)

50000キロ

先日の室蘭への出張時にようやく50000キロ突破です。

Sany0282

明日は、久々に車をいじってみようかな。

まずは洗車をして、フォグランプとかヘッドライトの光軸が気に入らないので、調整してみよう。

光軸調整・・・できるのかな?

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

車検そして代車はレガシィ

今日は車検。

自動車税の納税証明書と印鑑を持ってスバルの工場へ。

 

と、その前にやっておくことがあるのです。

それは、テールランプの交換。

僕の車は、テールランプ(テールレンズ)をジアラというメーカーの車外品に交換しています。

Sany0065
 

この車外品のテールランプのままでは車検に通るのか怪しいので、純正品に戻しているのです。

交換はとても簡単。

トランクルームを開けて、このプラスチックのカバーと取ります。

Sany0068
 

プラスチックのカバーは、2本のプラスチック製のビスでとまっています。

ビスを抜くときに、僕は力ずくで外そうとするもんだから、よく壊してしまいます。

実際に、今も生き残っているビスは2本だけ。

それから、このプラスチックのカバーには、ひとくせあって、ビスを外してもうまく取ることができないことがあります。

僕も、未だにコツをつかみ切れていない。

イライラして力ずくで外そうとすると破壊しかねないので注意が必要です。

イヤ、外すときより付ける時の方が、難しいかもしれない。

 

テールランプ本体は、2カ所のネジで固定されているのでこれを取ります。

Sany0070

そして、手前に引くと外れます。

Sany0072

力を入れすぎると勢い余って、ケーブルが切れてしまうかもしれませんから慎重に。

異なる電球を使っているので、これを交換して、純正品を装着。

Sany0074

Sany0076

今までのが見慣れているせいか、何となく違和感があるなあ。

 

さて、工場に行くと早速営業マンがお出迎え。

手続きを済ませ、用意されていた代車がコレ。

Sany0093

最新モデルの売れていないレガシィ。

どうせ、軽自動車か10万キロを超えたようなボロボロの車だろうと思っていたからラッキー。

一種のモニターだよね。

それにしても、バカチョンカメラで撮影して、どうしてピンボケに撮ることができるのか不思議。

 

見た目は高級感が漂うけど、足回りは安っぽい。

Sany0091

Sany0094

スチールホイールにホイールカバーか・・・。

タイヤサイズは、205/60R16とごく普通。

 

それでも、内装は、SIドライブやらパドルシフトなど流行りの装備が備わっています。

ドアミラーが大きいのは見やすくていいかも。

 

エンジンは2.5リッターと現在の僕の車と同じなので、パワーもそれほど変わらないと思っていました。

ところが、SIドライブをSモードに切り替えて、アクセルを踏み込むと・・・これは、なかなかの加速力!

エンジンの進化をちょいと体感できました。

 

減速するのにパドルシフトを使ってシフトダウンしてみたのですが、やはりエンジン音はチープです。

この点は、進化していないようです。

 

音は重要だよ。

ウインカーの「カチカチ」って音とか、排気音やドアの開閉音とかね。

これは、僕の好みに過ぎないけどさ。

   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

感謝ディと車検予約

今日は、スバルのお客様感謝ディがありまして、無料点検とオイル交換をしてもらいに行ってきました。

13時から予約していたのですが、11頃にスバルの工場へ。

 

これにはちょっと理由がありまして、実は、車をそのまま置かせてもらい、すぐ近くにある「レジャスポ」へ行きたかったのです。

これは家族会議の結果、急遽決まった計画。

   

工場に到着するや否や、ちょうど営業の人が出てきたので、

「ちょっと急用ができたので、このまま車を置いていって、15時ころ取りに来ます。車検の相談はその時にお願いします。」

と言い残して、工場を去りました。

  

レジャスポの駐車場は混んでいるんだよね。

  

   

3時間キッチリ遊んで、今度は営業所を訪れました。

 

まずは、無料点検の結果を教えてもらい、オイル交換代等の支払いです。

Sany0087

そう言えば、今回は、キーレスエントリーの電池を交換してもらったのでした。

5年使っていて、電池が弱ってきていたのです。

数ヶ月前から効きが悪くなっていて、カギが冷えると全く反応しなくなっていました。

なので、冬の間は、カギを握りしめ温めるしか方法がなかったのです。

 

ちなみに、点検の結果は、特に問題なしですね。

 

 

それから、車検の相談。

当初の見積もりは、法定費用の重量税と自賠責保険料、それから点検料、さらに、エンジンオイルとブレーキオイルの交換、下回りの防錆塗装などで、127,000円でした。

エンジンオイルの交換は今日交換してしまったので、これは車検時には不要。

その上で、値下げ交渉の末、110,000円でやってもらうことになりました。

Sany0086  

車検は5月中旬、1泊2日でやってもらう予定。

代車は何だろう。

これがちょっと楽しみ。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月11日 (日)

今年初めての洗車

今日はヨメが仕事。

なので、娘とデートなのでした。

   

やはりデートということであれば、愛車でドライブですからね。

ドライブ前に、まず、洗車は基本でしょう。

  

それにしても、冬の間は、全く洗車をしませんからね。

この有様です。

Sany0046

Sany0044

 

冬の間のたまった汚れを落とさないと。

 

約1時間半後・・・。

Sany0054_2

Sany0057_2

すっかり綺麗になりました。

 

既にタイヤとワイパーは、交換済みです。

 

そう言えば、今日の新聞に載っていた記事のこと。

今年の1月から夏用タイヤについて、「低燃費タイヤ」の性能を等級表示するようになったらしいですね。

 

燃費は、タイヤの「転がり抵抗」が少ない方がいいのです。

ただし、「転がり抵抗」が少なくなると、グリップ力の低下という問題もあります。

そこで、この等級表示は、「転がり抵抗」と「ウエットグリップ性能」の両者を示しているそうです。

 

転がり抵抗は、良い方から

AAA

AA

A

B

C

の5段階。

 

グリップ能力は

a

b

c

d

の4段階。

 

それで、転がり抵抗が「A」以上の製品を「低燃費タイヤ」と言うそうです。

この低燃費タイヤで浮く燃料代は、1シーズン5,000円~7,000円とのこと。

タイヤの値段の差額と使用期間とを慎重に分析する必要があるかもしれません。

    

この記事には、さらに言及があって、低燃費タイヤの恩恵は、燃料代だけではなく、「編摩耗」が起こりにくことのようです。

ということは、長い期間の使用に耐えられるということ。

タイヤって、サイズによって値段が違いますけど、車好きが拘るのは、低扁平のハイコストタイヤ。

長く使えるというのは、かなり大きな意味があります。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

車検見積もり

今年の5月末までに車検を受けないとなりません。

昨日は、車検を専門に行っている「コバック」というところに見積もりも出してもらいに行ってきました。

僕の車だとギリギリ1.5トン以下の中型車になって、重量税や自賠責保険料を含めて、約82,000円。

思ったより安いなあ。

 

2年前の1回目の車検は、ディーラーで受けて約10万円でした。

 

これまで僕は、「車検はディーラーで受けるモノ」と思いこんでいたのですが、この考えを見直すべきなのでしょうかね。

きっと、2回目の今回は、もっと高くなるんじゃないかな。

   

ディーラーは、そのメーカーの車を専門的に扱っているということで、様々なノウハウを持っているでしょうから、その技術料の分高くなるというのも何となく分かります。

そのため、ユーザーにとっては、安心できる面があります。

果たして、ディーラーの技術力が本当に高いのかは、素人には分かりませんが・・・。

 

一方で、他の整備工場などで受けると、本当は交換する必要のない部品まで交換するように促されて、結局は最初の見積もりにはない工賃が発生したりしないのか・・・という不安もあります。

    

知恵袋などでは、ディーラーで受けるべきという意見が多いようですね。

もう少し検討してみよう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)