カテゴリー「ロケ地巡り」の19件の投稿

2011年7月28日 (木)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り④

さて、2年越しのロケ地巡りも遂にファイナルとなりました。

 

「フツー」のラーメンはどこなのか?

59

61

 

ここは、やはり「ジモティ」に相談だ。

 

ということで、ニュー阿寒ホテルの従業員に上の写真を見せて、

「ここどこですかねぇ?ラーメンがおいしいところらしいのですけど・・・。」

「どこだ~?」 首をかしげる従業員さん。

写真を眺めること2~3分。

 

従業員さんの一人が「赤いベレーかな~?」と。

写真を指さして、「ここらへん赤いベレーぽくない?」

「あ~言われてみれば・・・」

「その赤いベレーは、ラーメンが有名なんですか?」

「いや~別に~」

  

唯一の手掛かりを頼りに赤いベレーに向かう我ら。

Sany1097

前が見えん。

5月下旬だって言うのに、外の気温は3度。

 

そして、赤いベレーに到着。

Sany1106

Sany1103

最初の写真と見比べてください。

ビンゴです。

 

店に入り、注文です。

62

「この写真と同じラーメンが食べたいのですけど」

「これは何かしら・・・。多分、塩ラーメンだと思いますけど」

「じゃあ、塩ラーメン」

待つことしばし。

出てきたラーメンが、こ・れ・だ。

 

Sany1110

Sany1108

どんぶりの色も同じ。見た目も同じ。

絢香さんが食べたラーメンと同じモノと確信した!

 

早速いただく。

63

Sany1111

そして、お約束の

64_2

「フツー」

これがやりたかった・・・涙・・・。

 

Special Thanks! ニュー阿寒ホテル!!

そして、マリモの密漁を監視しているオジサン!! 

 

 

これまでに、いろいろロケ地巡りをしてきましたが、僕が行ける所は、これで全てです。

取りあえず、僕に課せられた任務はこれで終わり・・・となりました。

後は、絢香さんが復帰されて、新たなロケ地が出てくるのを待つことになります。

 

 

ところで、この「赤いベレー」は、宿泊施設が併設されていて、裏手には、キャンプ場もあります。

Sany1117

そこで、来月には、ここでキャンプをすることになっています。

またまた「フツー」のラーメンを食べてこようかな。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り③

昨日に引き続き、ロケ地巡りの続きです。

 

さて、この滝口という所が、写真の最終撮影ポイントの模様。

Sany1051

 

メイキング映像では、このように木にもたれかかるシーンが出てきます。

37

38

39 

この時撮影された写真は、歌詞が書かれた冊子やファンクラブ会報の表紙も飾っています。

3枚目のキャプ画では、奥に橋が見えますね。

この橋が、例の「あっぺ」している橋です。

 

ここは、この辺りの場所になりますね。

Sany1067

絢香さんが、もたれかかっている木は、一番右に写っている木。

調子に乗って、我が家の「あやか」にも似たようなことをしてもらいました・・・。

Sany1066

  

そして、ちょいと立ち位置を変えたこのシーン。

43

Sany10652

ちょうど、赤丸の位置に立って撮影されたものです。マチガイナイ。

  

そして、撮影はフィニッシュ。

引き続き、記念撮影に。

45

この記念撮影が行われたのも、ほぼ同じ場所。

Sany1064

この木の前でございま~す。

この写真の左側の木、絢香さんがもたれかかっていた木でございま~す。

 

撮影が終わったロケ隊は、撤収へ。

50

53  

登山道入口の道路から国道に出てきたロケバス。

 

その後、ロケバスの車窓から見える景色から、位置を推測。

57

「まりも」の文字が見えます。

よって、ここは阿寒湖温泉街。

この場所も、きっちり見つけてきましたよ。

Sany0981

「まりも通り」というアーケードなのでした。

ちなみに、この「まりも通り」のアーケード、計3か所に設置されていて、道幅の違いからか、微妙に違います。

Sany0976 

 

間髪入れずに、ロケバスの車窓からは、「お食事カナヤマ」の看板が見えます。

58

それが、こちら。

Sany0979

アーケードとの位置関係は、こんな感じ。

Sany0983

  

 

ロケバス内では、今12時半で、30分で行ければ大丈夫だけど、1時間かかったらアウトみたいな会話が。

絢香さん「え~食べた~い」

 

そしていきなり、ロケバスが到着した場所がココ。

59_2

61

一体、どこなんじゃ?

阿寒湖から30分くらいの場所だろうということで、事前に地図で目星を付けて、道中でも意識して探していたのですが、1日目には全く見つからず・・・。

  

ここで、またヨメが機転を利かせて、ニュー阿寒ホテルの従業員に訪ねてくれた。

だが、ホテル従業員一同、首をかしげるばかり・・・。

 

次回「絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り」最終回。

「フツー」のラーメンの正体が明らかになるか?

乞うご期待!

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り②

さてさて・・・長らくお待たせしました・・・。

ようやく例のロケ地巡り、第2弾!

 

別の湖畔に出ることができるポイントを発見し、近づいてみると。

『おっ、こんな景色あったような・・・』

 28

この場所は、ここなんじゃないかな~。

Sany1050

おそらく撮影された時期より1月以上まえなので、木々の緑の具合が違いますが、恐らく間違いないかと思います。

この場所は、釣りのスポットでもあるようで、釣り人もチラホラ。

  

そして、映像は、ベストアルバムのジャケ写を思わせる映像へと切り替わります。

29

先ほどのポイントからちょっと右にターンすると、奥に何となく近い稜線が見えます。

Sany1047

これは、ちょっと確信がありません。違うかも・・・。

  

写真の撮影を終え、車に戻ろうとすると軽トラに乗り、窓から双眼鏡を片手に湖畔を監視するオジサンが。

何とも強面で、何も悪いことをしていないのに怒りだしそうなオーラがムンムンしています。

僕は眼を合わさずに車に戻ろうとしていたところ、自称社交的なヨメが大ファインプレーをやってくれたのです。

  

 

持ってきていたキャプ画の写真を見てもらい、この場所がどのへんなのか尋ねてくれました。

54

「あ~、この辺は『滝口』ってところだぁ。」

「車で行くことはできますか?」

「近くまでは、いけるさ。」

「どの辺りですか?ヒョウタン池の方まで行くんですか?」

「いや、そこまでは行かね。国道に出て左に進むんだぁ。そしたら、左に登山道の入り口あっから。そっから入っていけばいんだ。」

「その登山道への道は分りやすいですか?」

「道の脇にお地蔵さんがあっからよ、それが目印だぁ。」

「あ、ありがとうございます!」

「でも、ここ(写真の真ん中の橋を指して)は、あっぺしてあっからよ、入れねえよ。」

『あっぺ?』(何だか分らんが、ありがとうオジサン!)

  

ところで、かの有名な「マリモ」は、この阿寒湖にしか生息していません。 

後で分ったのですが、このオジサン、マリモの密漁を監視している方のようです。

   

  

ということで、『滝口』というポイントへ移動。

Sany1052

 

お~っ!まさにこの場所は・・・。

Sany1054

先ほどオジサンに見てもらった写真の場所!

そして、ファンクラブ会報の12号に掲載されている写真の場所でもあります。

 

ちなみに、先ほどのオジサンが言っていた『あっぺ』とは、『閉鎖している』みたいな意味と理解。 

 

そして、この「滝口」、阿寒湖の隠れビューポイントですね。

Sany1069  

Sany1058

熊が出るんじゃないかという恐怖がありますが、人がいないし、静かで美しい。

ということで、疲れたので次回に続く・・・。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り①

ひょうたん沼を断念し、阿寒湖に戻ってきた我ら。

チェックインして不貞寝でもしようかと思ったが、粘り強くロケ地巡りを慣行!

 

それでは、早速ロケ地巡りの報告をしましょう。

まず、絢香さん一行が、宿泊先のホテルで夕食を採っているシーンがありますね。

01

この緞帳を手がかりに阿寒湖のホテルの宴会場をネットで探したところ、ニュー阿寒ホテルということが分かりました。

ホテルの従業員さんにお願いして、この宴会場の写真を撮らせてもらいました。

Sany1085

緞帳を下ろすと

Sany1090

こんな感じ。ビンゴですね。

 

04

続いて、ロケバスが映っているシーンがあります。

この「AZBY」を手がかりにネット検索してみると、北海道内のロケをコーディネートする会社ということが分りました。

協力作品の中に、絢香さんの名前も。(漢字間違っているぞ)

 

最初に撮影が行われたこの場所。

12

ここは発見できず・・・。

今でも、ここは「ひょうたん沼」だと思っていますが、未確認のため確証なし。

 

ロケ隊は、車で移動。

18

映像には、舗装路から、ダート道へと変わる場所があります。

それは、ここ。

Sany1035 

阿寒湖に沿って、西側に車を走らせるとこの場所に出くわします。

 

このダート道をさらに進むと、すぐ近くに湖畔が見える場所があり、釣り人のと思われる車が数台止まっています。

ここに、我々も車をとめ湖に向かってケモノ道を歩いてみました。

Sany0985

 

まさに、ここが次のロケ地の場所だったのです。

19

Sany1028

左側の太い木の模様が一致します。

この道を歩いて、この場所で撮影したのは間違いありません。

 

24

お次は、このシーン。

Sany1033

ちょっとアングルが違いますが、右側の太い木、中央の2本の木も同じ木。

娘が歩いている倒木も同じように残っています。

  

26

これも同じ場所で撮影されたもの。

Sany1022

このケモノ道をもう少し進んだ場所で撮影されたと思われます。

この地点での撮影はこれで終了。

 

次は、ジャケ写の撮影ポイントへと移動するのでした。

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

阿寒湖方面に行ってきたよ。

行ってきました阿寒湖方面。

 

出発は、先週土曜日。

娘の運動会終了後なので、出発したのは午後3時ころ。

日高と鹿追の道の駅に寄り道したこともあり、帯広に到着したのは、午後8ころ。

 

駅前に予約していた安ホテルにチェックインして、近くのファミレスで食事。

席に着くと、水とともにメロンソーダが出てくる。

これは、帯広のローカルルールなのか、この店のサービスなのかは不明だが、全て娘にプレゼントし、大人2人は中ジョッキで乾杯。

 

帯広なら豚丼でしょうということで、僕は豚丼を注文したけど、ちょっと外したかな。

やはり「ぱんちょう」の豚丼を食べたかった・・・。

でも、ぱんちょうは午後7じまでだったから仕方ない。

 

食後、ホテルに戻り、風呂に入ってこの日は就寝。

明日に備えるのだった・・・。

  

  

翌、日曜日。

ホテルを9時ころ出発し、帯広周辺の道の駅のスタンプを次々と制覇。

Sany0948

Sany0950

Sany0951

Sany0952

Sany0957

Sany0962

Sany0974

  

まあ、今回は道の駅の話ではないので、詳細は省略。

一番最後の写真にある道の駅「あいおい」で昼食を済ませ、午後2時ころ阿寒湖温泉郷に到着。

まずは、自分たちが宿泊する「ニュー阿寒ホテル」の場所を確認。

Sany1074

絢香さんをはじめ、スタッフの方々は、このホテルに宿泊されたのですね。

もっと、いいホテルがあるだろうに・・・と思ったりもしましたが、今回のロケ地巡りでは、こちらのホテルの方に大変お世話になったのです。

 

早速、ロケ地の本命と睨んでいた「ひょうたん沼」を目指す。

国道からひょうたん沼に向かう道に差し掛かったところ・・・。

Sany1096

何と、通行止め・・・。

いきなり出鼻をくじかれるという波乱のロケ地巡りがスタートしたのでした。

つづく。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

ロケ地巡りに行って来るっす

別に忙しいワケではないのですが、すっかり書く気が失せているマイブログ。

 

明日は、娘が通う学校の運動会。

雨が降って延期にならない限り、その後、阿寒湖方面に向かいます。

道の駅のスタンプを押しながら・・・。

  

そう、絢香さんのベストアルバムのジャケ写のロケ地となったのが、阿寒湖付近。

僕に残された宿題というか、課題をクリアするために行ってきます。

 

ベストアルバムの付録だったDVD。

これにジャケ写の撮影の様子が収められています。

一応、僕なりに映像を分析しました。

  

主に撮影が行われたのは、阿寒湖ではなく、近くにあるヒョウタン沼。

宿泊したのは、ニュー阿寒ホテル。

DVDの最後に飛行機が離陸するシーンがありますが、これは新千歳空港。

と予想しています。

 

ただ・・・

ただ・・・。

 

DVDを分析した限りでは、絢香さんが「フツー」と評価したラーメンをどこで食べたのかが分らない。

これが分らないとロケ地巡りは完結しない。

何とか見つけてきたいです。 

 

その後は、東藻琴で満開の芝桜を見てきたいっす。

 

そして、積み残しの仕事をやっつけていくのだ!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

東京旅行⑥ そして新浦安

ワールドカップ、日本勝ちましたね~。

たいして興味はないのですが、何となく見始めたら、最後まで見てしまった・・・。

 

さてさて、東京旅行と言いつつ、横浜に始まり、オーラスは千葉の新浦安です。

新浦安駅から、どのくらい歩いただろう。

地図で見るとそれほどでもないけど、実際歩くと結構距離がある感じでした。 

 

 

訪れたのはココ。

Sany0320

 

昨年の3月、アルピニストの野口健さんとともに、この公園で植樹を行ったのです。

詳しくはBARKSのサイトのこちら

また、植樹の模様は、ファンクラブの会報の11号にも触れられています。

ということで、いつか訪れたいポイントの1つだったのです。 

 

Sany0321

BARKSのサイトやファンクラブの会報に掲載されていた写真をじっくりと眺め、植樹された木を探します。

 

まず、目に止まったのがこれ。

Sany0331

トイレのようで、実は物置のようです。

   

ここで辺りを見ると、あっさりと見つかりました! 

Sany0323  

木の根元付近に目を近付けると・・・

Sany0322

昨年4月に行われた「アースデー・コンサート」の記念植樹となっている。

  

さらに、

Sany0329

Sany0327

   

さらに、さらに・・・

Sany0341

これは酷い・・・。

Sany0339

  

何の表示も無いのですが、木の囲い方からして、この木も同じ時に植樹されたものか・・・?

Sany0337

この木、大丈夫かな?

 

ちなみに一緒に植樹をした明海小学校は公園のすぐ向かい側にあります。

Sany0342

 

ということで、新浦安のレポでした。

  

3日目は、ディズニーシーに行ったけど、その話は(しなくても)いいだろう。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

東京旅行 melody ロケ地巡り

2泊3日の2日目。

それは、僕の自由研究の時間に当てられました。

 

京葉線にて海浜幕張へ。

Sany0275

(右が幕張メッセ、左が千葉マリーンスタジアム)

 

絢香さんのセカンドシングル「melody」のPVは、幕張で撮影されています。

なので、いつか訪れたいポイントの一つだったのです。

 

押さえたいポイントはそんなに多くはありません。

ただ、結果的に相当の距離を歩くことになりました。

 

まずは、何と言ってもこの場所。

Melody3

PVの大半を占める映像です。

この映像が撮影されたのが、幕張メッセ。

 

僕が幕張メッセを訪れたのは月曜日。

この日は、国際会議場で、何とか学会といったイベントしか開催されていなかったため、ほとんどのドアはカギがかけられ、国際展示場の方に移動することができませんでした。

Sany0310_2

しかも、この幕張メッセ・・・でかい!

 

この巨大な施設を行ったり来たりして、見つけたのがココ。

Sany0308

この場所は、上の図面で「やすらぎのモール」となっているところです。

奥に見える青色の施設が千葉マリーンスタジアム。

PVの映像は、反対側、つまり千葉マリーンスタジアム側から撮影されたもので間違いないでしょう。

 

続いて、このシーン。

Melody6

菜の花に囲まれている映像。

手掛かりは、奥に見える塔しかありません。

 

以前、「melodyのロケ地については、どこで撮影されたのか全く分からないので、情報をお寄せください。」と書いたことがありました。

それに対して、コメントとしていくつか情報提供をしていただいておりまして、今回は、そのコメントに助けられましたね。

 

さて、上の写真の場所は、こちらです。

Sany0282

菜の花は全くありませんが、背後にそびえる塔は同じもので間違いありません。

この場所は、幕張海浜公園になります。

もう1枚、別角度から見ると、

Sany0281

右の奥に千葉マリーンスタジアムが見えます。

実際に、この塔の近くまで行ったみたのですが、残念ながら、ロープがかけられ立ち入り禁止となっていました。

木が腐り、ボロボロになっていたので、仕方ないでしょう。

  

そして、このシーン。

Melody4

背後に見えるのは、明らかに海。

とにかく、海に出なければ始まらないのです。

  

まずは、幕張海浜公園から海岸に抜ける道を見つけ、海に出ました。

Sany0283  

 

何も見当たらないぞぉ?

Sany0297  

  

しばし途方に暮れる僕・・・。

  

もう一回目を凝らして見ると、はるか彼方の砂浜に立つ建築物らしきものが見えます。

 

その建築物を目指し、砂浜をテクテク歩いて行くと、「おっこれは!」となり、

Sany0285

さらに、近付いて行くと、自信が確信に変わりました。(by松坂大輔)

 

遂に到着。

そしてフィナーレ。 

Sany0289  

 

それにしても、あのPVが撮影されて4年以上経過していますので、時の流れを感じずにはいられません。

というのも、PVの映像では、この建物の周囲は砂浜しかありませんが、現在は、地形が変わり、草も生い茂っています。

Sany0287

  

いやはや、炎天下の中、一体どれだけ歩いたんだろう・・・。

目指す方向が分かっていないから、行ったり来たりで、要領悪すぎ。    

  

ホント、つくづくバカだなあ。

でも、いいのです。

人間なんて、他人から見ればバカげたことに情熱を燃やして一生を終えるのです。  

ということで、次もおバカな自由研究が続きます。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月24日 (日)

三日月-ロケ地巡り

三日月は、絢香さんの一番のヒット曲。

にも関わらず、PVのロケ地巡りでは、いささか精彩を欠く内容とならざるを得ない。

 

三日月のPVは、夜に撮影されている。

なので、PVのキャプ画と僕が撮影した写真とがうまく対比できないのだ。

恐らく、この辺りで撮影されたのでは、ということをイメージするしかない。

 

ということで、まずは言い訳。

 

Sany0053_2

  

三日月のPVが撮影されたのは、多摩市にある桜ケ丘公園の「ゆうひの丘」という場所。

新宿から京王線特急に乗って、4駅目の聖蹟桜ヶ丘で下車。ここから歩いて20分くらいかな。

   

僕が訪れた日は、天気が良くて、丘の天辺まで登った時には、ちょっと汗ばむくらいの暖かさだった。

平日の日中ということもあって、人影はほとんど無く、絶好の撮影日和。

  

 

さて、三日月のPVは、街灯の上に座って歌うシーンが最初から最後まで続く。

Mikaduki2

どこで読んだか忘れてしまったけど、絢香さんが座っている街灯は、この撮影のためだけに設置されたものらしい。

彼女の左腕のところに白く光っている箇所があるけど、これは、1枚目の写真にあるような、元々「ゆうひの丘」に設置されている街灯の光だと思われる。

ただ、何度もPVを見直してみると、現在の街灯とこの当時の街灯は異なるモノのような気がする。

何となく角度が違う気が・・・。

 

   

Mikazuki7   

これは、前奏のワンカット。

左側中央に2つ赤く光っている個所がある。

これは、高層マンションなどの天辺などで点滅している赤い光だろう。

Sany0062 

恐らく、この写真の中央にあるマンションらしき高層建築物の天辺から放たれている光なのでは。

ということで、絢香さんが座っている街灯が設置された場所は、おおよそ把握できるのだが・・・。

僕にできるのはここまでですね。

   

参考までに、ゆうひの丘からの風景写真をいくつかピックアップしておきましょう。

Sany0060

Sany0078

Sany0081

Sany0086

Sany0093 

Sany0055

 

 

| | コメント (9) | トラックバック (1)

2009年9月 7日 (月)

夢を味方に-ロケ地巡り

 先月、シンフォニックコンサートのために、東京に行きましたが、実は、コンサートに加え、もう一つのミッションを自らに課していたのでした。
 

 それは、「夢を見方に」のPVロケ地を探すこと・・・。
 

 「またかよ、オイ」というツッコミが聞こえてきそうだわ・・・。

 

 

 このPVは、スタジオや海岸で撮影されている部分もたくさんあるのですが、これらを探し出すのは不可能。
 

 PVでは、絢香さんが目を閉じて歩くシーンが多くあるのですが、このポイントを求めて探し歩きました。

   

 まあ、今回新橋に宿泊したのも、コンサート会場が国際フォーラムで、かつ、ロケ地に近いということが大きな理由です。

  
  

 映像を見ていると手がかりが色々あるし、探し出したいポイントは少ないので、簡単に見つけられると思っていました。が・・・意外と大変な箇所もありました。

 Map4

 1日目(8月20日)は、まず、この場所を発見。

Yume6 Yume67_9

 季節が違うので、木々の生い茂り方がかなり違いますが、上のマップの③辺りの場所になります。左に見えるのは、臨海線です。

   

 この道をもう少し進んだマップの④辺り。

 Yume9 Yume67_6

 下の岩の並び方から、まさにこのポイントですね~。
  

  

 続いて、イタリア街へ。

 ここは、マップの②の場所になる。

 ファンクラブの会報では、ここで撮影された写真が掲載されていた。

 Yume67_14

 PVのこの箇所は、同じ場所で撮影されたものだ。

 Yume4 

  

 この箇所は、もうちょっと右に寄ったポイントになる。

 Yume5_2 Yume195_16

  

 とまあ、ここまでは順調だったのだが、PVの一番最初のシーンであるこの場所が見つけられない。

Yume2
 

 この場所が見つけられなければ、意味がないと思いつつ、時間切れで終了。

  

 コンサート終了後、ホテルの部屋に戻り、地図やPVのキャプ画をみながら、どこを探すか一人でミーティングしたり、コンサートのことを思い出してメモを取ったりと、東京の夜は更けていくのだった・・・。

 ともかく、2日目は、捜索範囲を広げることにした。

   

 

 2日目(8月21日)

 マップ①の臨海線の新橋駅付近へ。

 すると、「あれ・・・、 ん? もしかして、これかぁ?」とあっさり発見。

 Yume1 Yume195_6

 ということで、あっさりとロケ地巡りは終了。 

 

 
 帰りの飛行機まで、まだ時間があるなあと辺りを見渡すと、たまたま東京タワーが視界に入った。

 そこで、ちょいと行ってみることに・・・。

 
 その様子は、先日報告したとおりです。

 お疲れさん、オレ。

 

  

| | コメント (10) | トラックバック (1)