« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の11件の投稿

2012年12月31日 (月)

厄年はあと1日

一昨日は、我が家2回目の忘年会。

最近、日本酒がうまいと感じるなあ。

日本酒の大吟醸と中国のお酒の味(というか香り)が似ていると思うのは僕だけだろうか。

 

昨日は、娘の11歳の誕生日。

クリスマス、誕生日、お正月と次から次へとハッピーな日々が続くのだ。

 

一方、僕は、一昨年が前厄、昨年が本厄、今年は後厄という3年間だった。

体調を崩した時期があったし、仕事がキツイ時期もあった。

その厄年もあと1日で終わる。

良い年を迎えたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

キムタクのセリフ

クリスマスイブの出来事。

「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」というキムタク主演のドラマの最終回が放送された。

家族で毎週楽しみにしていたドラマのひとつだったのだが・・・。

 

このドラマの中で、「サンタをいつまで信じていた?」「俺は、小学○年まで」みたいなセリフがあった。

娘は何も語らず、表情も変えずにテレビを見ているが、我々夫婦は凍りついた。

 

このドラマが終わり、娘が寝たあとにサンタからのプレゼントを仕込む予定であったのだ。

 

あの場面を見た娘がどう感じたのか定かではないが、就寝した後、予定通り、プレゼントを仕込む。

娘の部屋にはプレゼントを入れるための靴下が下げられていて、その中に、サンタさんに宛てた手紙が入っている。

「逃走中の3DSのソフトをください」

これは、東京出張中に渋谷のビックカメラで購入済みだ。

仕込むといっても、購入店でラッピングしてもらったゲームソフトを靴下に入れるだけである。

 

翌朝、娘は起きるなりその靴下をチェック。

入っていたプレゼントを見て喜んでいた。

サンタは存在しないことを知った上での演技だろうか?

それとも、信じている人の所にだけは来てくれるという勝手な解釈なのか?

僕としては、プレゼントを買う手間が省けるから、さっさと分かってもらいたいという気持ちもあるし、いつまでも信じているというのは、何とも不健全に成長している気がしてならない。

 

親がどうこう言うよりも、このように何となく世間を分かっていくものなのかもしれない。

キムタクくん、僕の娘を分からせるには、もうひと押し足りなかったようだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月25日 (火)

ピアノ発表会

日曜日、娘が習っているピアノの発表会があった。

Imga0227

全部で15組くらいの生徒たちが、発表会に向けて練習した曲を披露する。

親子3人で連弾する方や30年ぶりにピアノを再開した僕と同じくらいの年齢の方など、バリエーションに富んだ出演者の演奏を聴かせてもらった。

 

僕の娘は、「エリーゼのために」を演奏。

一部、怪しい箇所もあったが、どうにか最後まで弾いた。

 

始まる前は、とても緊張していた様子で、手のひらに「人」を書いて飲み込むマネを何度も繰り返してたが、終わった途端にニコニコしていた。

子供って分かりやすい。

 

人前で何かを発表する機会は、とても大切だと思う。

これからもそのような機会を親として提供していきたいものだ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

渋谷

先日の東京出張のことでもう少し残しておこう。

 

宿泊したのは渋谷。

久々に来たので、改札を出てもどっちに向かって歩けばいいのか分からない。

これがあの有名なスクランブル交差点だろうか・・・などと思いながらホテルを目指す。

 

重いかばんを肩から下げ、15分くらいかけて、ようやくホテルにたどり着く。

 

チェックインして、部屋に入った後、旅行代理店から受け取った地図を眺めていると、「NHK」や「SHIBUYA‐AX」が近くにあることに気がついた。

 

翌日。

朝食前に、散歩がてらNHKの方に向かって歩いてみることに。

 

間もなく、渋谷区役所が現れ、NHKホールが見えてきた。

Imga0175


ここでは、MJ(ミュージックジャパン)の公開収録を見に来たことがある。

絢香さんは、「Jewelry day」を歌ったのだ。

その時、一緒に見た絢香ファンはどうしているだろう。

風のうわさでは、もうみんな絢香ファンではないらしいが・・・。

 

そして、すぐ近くに「SHIBUYA‐AX」がある。

Imga0184

ここでは、絢香さんのファンクラブイベントが2回行われた。

1回目は2階席から楽しませてもらった。

2回目は、若い連中の割り込みに腹を立てたことが思い出だ。

 

来年の2月には、新たなファンクラブのためのイベントが行われるが、今度はお台場が会場だ。

行こうか迷ったけど、2月の中旬は何かと忙しいし、悪天候のリスクもあるのでやめる事にした。

 

さて、渋谷には他にも思い出がある。

「First Message」の秘蔵DVDのロケ地巡りである。

今回、ブラブラ歩いていると、前にここに来たことあるわ・・・みたいな場所があっちこっちにある。

ちょいと懐かしかった。

詳しくは、こちらをご覧あれ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月18日 (火)

冬の出張

冬の出張はやだね。

新千歳空港までJRで行くか、車で行くか迷ったけど、天気がそれほど悪くなかったので、車で行くことにした。

 

でも、道路はツルツルだったり、デコボコだったり、 怖くて、60キロ以上出せない。

一般道で2時間くらいかかってしまった。

なぜか除雪が行き届いていない道路は、ガタガタになる。

 

道中では、車3台の事故現場を通過した。

救急車が数台。

大破した車の中には人の姿が見えた。

レスキュー隊も現場に向かっていたので、ただ事じゃないと思ったけど、どうやら死亡事故にはなっていないようだ。

 

僕は、携帯電話を持っていないから、事故を起こしたり、巻き込まれたら家族や保険会社にどうやって連絡すればいいのだろう・・・と不安がよぎった。

 

帰りの飛行機は、千歳が雪のため、羽田に引き返す可能性があるという条件付きでの出発。

多くの場合は、引き返すことなく着陸できるのだが、過去に実際に引き返した飛行機に乗ったことがある。

この経験は完全にトラウマになっている。

東京は春一番の強風、千歳は大雪で欠航が相次ぎ、2日間東京に足止めを食ったのだ。

1泊2日の出張が、3泊4日に・・・。

 

やはり、このような時も携帯電話がないと相当不便になる。

パック旅行だと、旅行代理店に連絡をとらないとならないし、宿探しをしなければならない。

 

冬の出張は、ハラハラしちゃうわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

最近のことあれこれ

金曜日は先輩や同僚と飲みに行く約束をしていたのだが、同じ課の職員のフォローでそれどころではなかった。

でも、僕の仕事は手伝ってもらえない。

もう少し、自分で解決しろよ!

 

自分の仕事が進まないから、昨日は、サービス出勤。

月曜と火曜が出張なのだが、月曜日までにどうしてもやっつけなければならない仕事があったから仕方がない。

午前10時から始めて、午後5時まで。

一人だと集中できるから、充実感もある。

 

仕事を終え、前日に飲みに行けなかったこともあり、家族で飲みに出ることにした。

気合を入れて家を出るも、バス時刻を間違えたり、タクシーが捕まらなかったり、さらに別路線のバスにも乗り遅れ、結局徒歩で居酒屋に到着。

いい感じに酔ったところで、娘がカラオケに行きたいというので、2次会はカラオケになった。

 

相変わらず、僕は音痴なのだが、ウチの「あやか」はなかなか上手なのだ。

絢香さんの歌は歌わないが、月9ドラマ「リッチマン、プアウーマン」の主題歌、miwaさんの「ヒカリへ」を歌わせたら小学生にしてはなかなかのモノなのだ。

 

今日は、未明から振り続ける雪が、シンシンと積もっていた。

気温が高く、水分を含んだベタ雪だ。

外に出て、どう始末しようかしばし思案し、試運転を兼ねて、融雪機で処分することにした。

融雪機は、今シーズンも活躍してくれそうだ。

 

それから投票を済ませ、実家に行ってきた。

僕の父は、定年後、病院の守衛業務のようなことをしてきたが、来年2月に辞めるらしい。

耳が遠くなってきた最近の姿を見て、歳をとったなあと感じた。

仕事を辞めたら何をして過ごすのだろう・・・。

ボケなければいいのだが。

 

明日からは、今年最後の東京出張。

無事に業務を果たしてきたい。

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

忙しくなってきた

仕事のボリュームが、徐々に増してきた。

ブログの更新が滞ってきたなあ。

 

どうして、日本人って自分で仕事を作ってしまうのだろうか。

思いつきで仕事増やすの止めてもらいたわ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

絢香ファンクラブ会員の継続

以前からファンクラブ会員の継続についてメールが来ていたのだが、今日ようやく継続手続きを行った。

年会費は手数料込みで、4,200円。

年会費は、活動休止前のファンクラブの年会費と同じ。

 

以前と違ってファンクラブ会報がないのは残念だけど、「RADIO Ayaka」がある。

 

それと、2月にはファンクラブイベントがあるのだ。

2月といえば、僕にとって多忙な時期。

 

申し込み期限まで時間がないけど、行けるかどうか調整をしないと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

バッテリー交換

バッテリーは,3日(月)の17:30頃宅配されてきた。
18時までにヨメを迎えに行くため,早速交換作業を開始。

 

既に,古いバッテリーは外しておいたので,エンジンルームの同じ場所に置いて,固定し,端子を繋ぐだけだ。

 

1人でやればどうってことのない作業なのだが,娘が「やらせてと」割り込んでくるから作業が進まない。

でも子供というのは面白い。

まず,バッテリーの重さに驚いてくれる。
「重っ!,何これ~」と言いながら,両手で抱えて近くまで運んでくれる。
バッテリーを固定するための金具を取り付けたり,ラチェットでボルトを締めるだけで自分がやったと誇らしげなのだ。

 

どうにか交換作業を終え,緊張の一瞬。
3回くらいキーをひねり,ようやくエンジン始動。
よかった。よかった。

ナビの設定がクリアされちゃうから,再設定。
これが面倒くさいのだ。

 

明日は、部の忘年会。

師走という実感が沸かないなあ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 3日 (月)

another side of 絢香

TUTAYAでレンタルされている「another side of 絢香」をヨメが借りてきてくれた。

バンドメンバーやライブプロデューサーなどのインタビューや武道館でのライブシーンなどを編集した内容だ。

インタビューでは、絢香さんの凄さをドキュメンタリータッチで皆が語る。

与えられたセリフではなく、自分の言葉で話している感じが伝わってくる。

とても、上手に編集されているから、一層そのように感じるのだろう。

ちょっと気になったのは、歯の浮くような内容が絶え間なく続くこと・・・。

絢香さん自身のトークは一切ない。

が、未公開のミュージックビデオも収められているので、一見の価値はあるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年12月 2日 (日)

バッテリー発注

バッテリーは,依然として瀕死の状態。

というか、放置状態。

 
一回ダメになったバッテリーは,長持ちしないようなので,新品を購入することにした。

どうせ買うなら,エクシーガ乗りにも評価が高い,パナソニック製のN-95D23Lにした。

41jdhtkwfl__sl500_aa300_

昼休みに,職場からアマゾンにネット発注

価格は,12,200円で送料無料。

定価の半額以下だ。

 

 

明日は振替休暇なので,届けば交換ができる。

今までが65D23Lのバッテリーだから,相当なグレードアップだね。

 

バッテリーの交換は、マイナス端子から外していき、交換後は、プラス端子から繋いでいく。

 

バッテリーの問題ではなく、電気系統の問題ならやっかいだな・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »