« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の14件の投稿

2012年11月29日 (木)

エンジンがかからない

今朝、車のエンジンをかけるため、リモコンでドアのロックを解除しようとしても、ウンともスンとも反応しない。

数秒、呆気にとられたが、その後、やってしまったか、と思った。

 

ドアにキーを差し込んで解錠。

エンジンをかけるべく、キーを回す。

またまた、ウンともスンとも反応なし・・・。

 

ルームランプに目をやると、スイッチが入りっぱなし。

いつからこの状態だったのだろう?

 

エンジンをかけようとして、キュルキュル・・・と反応があれば、バッテリ上がりということで、充電することが回復の見込みがあるのだろう。

が、僕の場合は、消費電力の低いルームランプ類すら全く反応しないので、交換しかないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日 (水)

綱渡りの出張

11月26日,東京は雨だった。

持ってきた折りたたみ傘を差し,新橋駅から宿泊するホテルを目指す。

ズボンの裾は雨で濡れ,靴下も湿ってきた。

歩きながら,この雨では,あちこち彷徨くのは難しいと思い,途中,コンビニで晩飯を買い込み,ホテルの部屋に閉じこもることにした。

部屋では,テレビを見たり,本を読んだり,娘から借りてきたDSをやったりして過ごす。

翌日の北海道は大荒れとの天気予報にちょっと不安が過ぎる。

 

11月27日,東京は晴れ。

仕事を片付け,羽田空港に向かう。

僕が乗る飛行機は,12時30分発。

空港に着き,まずは出発ロビーで運行状況を確認。

新千歳空港に向かう飛行機は,欠航とはなっていないので,ちょっと一安心。

ところが,保安検査場を通過したところから,乱れている様子が少しずつ伝わってきた。

僕が乗る飛行機の搭乗場所が変更となり,ひとつ前の11時30分発の便の乗客は,まだ搭乗ゲート付近にわんさかいる。

そうしているうちに,僕の便が1時間遅れになるとのアナウンスが流れた。

さらに、次の13時30分発の便は欠航するとのアナウンスが・・・。

かなりやばいかも・・・と思っていたが,条件付き(羽田に引き返す可能性有り)になることもなく,13時15分頃から搭乗開始。

荷物の積み替え作業に時間を要し,結局14時頃離陸。

機内では、着陸に際し,「揺れることが予想される」とのアナウンスが何度も流れる。

 

「揺れることが予想される」というアナウンスはよく聞くのだが、この後に「飛行には影響がないので安心してください」という言葉が続く場合と続かない場合がある。

揺れるのが怖い僕にとっては、この最後のセリフがあると随分安心するのだが、このセリフが無いと、メチャクチャ揺れるのか? あるいは、飛行に影響があるのか? と不安が残る。

ウソでもいいから「安心していいよ」ということを言ってもらいたい。

 

飛行時間が通常よりも若干長かったが,15時40分頃、無事着陸。

17時半頃、職場に戻り、サービス残業。

長い、一日だった・・・。

 

年度内に予定される出張はあと2回。

欠航になることがなければいいのだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

アリスの里(岩内)

金曜と土曜、岩内町にある「アリスの里」に行ってきた。

Imga0119


僕が住む札幌からは、2、3時間で行くことができるので、ドライブ距離としても適度なところ。

小樽市街地で若干進み具合が遅くなるが、これ以外は、極めてスムーズ。

 

コテージは2階建てで、1階が居間と食堂、2階が寝室、ベランダには焼肉スペースもある。

Imga0129

キッチンには、炊飯器や食器類も一通り揃っている。

部屋には、テレビはもちろん、マッサージチェアもあるし、子供にはアニメのDVDを貸してくれる。

 

そして、何といっても、このコテージの売りは、温泉があること。

Imga0133

しかも露天風呂もあるのだ。

Imga0139_3

 

一応、コンロや炭を持参していったが、さすがに寒くて外で焼肉をする気にはなれなかった。

一部、焼肉をしている方もいたが・・・。

 

翌日、積丹半島をぐるりと回って帰ってきたが、やはり、冬の日本海は、見るからに寒そうだ。

Imga0146


これで今年度の家族旅行は終わりかな。

 

明日から、またまた東京出張。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

冬仕度

今日は、いい夫婦の日。

11月なら毎日のように「いい何とかの日」というのがありそうだ。

 

さて、今週月曜日は、振替の休み。

嫁は仕事で、娘は学校。

僕は一人で冬に向けた準備をした。

 

まずは、廃材で作ったブランコを解体。

Sany0032


それから、自転車小屋も解体。

その自転車を玄関フードや車庫に収納。

自転車というのは、意外と場所を取る。

 

さらに、我が家の融雪機(通称太郎ちゃん)を移動させてセッティング。

この融雪機は、とても重く、ちょっとした重機なのだ。

 

愛車エクシーガは、冬タイヤに交換し、ワイパーも冬仕様にした。

その後、ガソリンスタンドに移動して空気圧のチェック。

僕はちょっと高めの2.5に設定している。

Imga0116


スタッドレスタイヤは、3シーズン目に突入することになるが、急発進、急ブレーキはなるべく控えているし、そもそも冬はあまり車を使わないので、まだまだ大丈夫そうに見える。

ところが、夏タイヤは、完全にスリップサインが露出している。

Imga0113


そろそろ限界か?

それとも、もう1シーズン我慢するか・・・。

 

明日からの3連休、我が家は、岩内の「アリスの里」というコテージに遊びに行く。

職場の運転手さんオススメの場所らしく、紹介していただいたので、行ってみることにした。

感想は後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

HIDフォグ装着

エクシーガのフォグに関しては、当初、ホームセンターで2個700円くらいのバルブを購入し、これに交換していた。

が、やはりハロゲンタイプのものでは、明るさに限界がある。

最近では、HIDタイプのものが数千円で手に入るようになった。

ということで、HIDタイプのものに交換することにした。

 

僕が選んだのは、「信玄」という商品。

Sany0081_3

Sany0081_2


Sany0081


35Wで、6000K(ケルビン)というスタンダードスペックなものにした。

 

交換作業には、フロントバンパーの脱着が必要となる。

Sany0074


配線は、付属の取説を見ながら行えば、何も難しくない。

カプラーを繋げるだけ。

バラストをどこに設置するのが適当か、ということを若干考えることになるが、DIYは、こういうことを考えるのが楽しいのだ。

 

運転席側

Sany0077


写真では、純正ホーンが写っている。(バラストの隣の黒くて丸いもの)

2枚目の写真にあるように、当初はフロント中央にアルファホーンを2個装着していたが、1個を純正ホーンのこの位置に移設する作業も行った。

 

助手席側

Sany0079


装着後、ライトを点けてみると・・・メッチャ明るいのを実感できる。

純正のヘッドライトの方が暗くて、黄色がかった色のように見えてしまうくらいだ。

ヘッドライトとフォグランプの両方を点灯させた後、フォグランプだけを消した場合、とても暗くなったような感じになる。

これは、明るくていいわ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

冬が来た?

今朝は、風の音で目が覚めた。

冬の風の音だ。

相当強い風が吹いている。

 

庭を見ると、桜の木が根こそぎ持って行かれそうになっている。

すでに冬囲い済みなのだが、竹棒3本じゃ強度に問題がありそうだ。

 

雨が小降りになったところを見計らって、この木だけ囲い直した。

Imga0108


写真は囲いなおした後のもの。

角材2本と竹棒6本に補強したので、棒が届かない先端部分以外は、ほとんどびくともしなくなった。

 

冬支度は、まだまだすることがある。

自転車を片付けて、自転車小屋を解体し、融雪機を設置して、物干し竿も片付けて・・・。

車のタイヤやワイパーも交換しないとならない。

ともかく、天気が回復してくれないと何もできないよ~。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日 (土)

浅草再び

今週の月・火と、またまた東京へ出張。

 

さっさと仕事を片付け、浅草へ。

ホテルからの景色と朝食が気に入った浅草ビューホテルに今回も宿泊。

Imga0075


チェックインを済ませて、浅草寺や仲見世をうろつく。

やはり、2回目となると1回目ほどの感動はない。

Imga0071


やはり、ここまで来たからには東京スカイツリーに行くしかないと決心。

とりあえず、今日は疲れたし、日が短くなってきて、すぐに暗くなるので早々にホテルに戻ることにした。

 

三平ストアで夕食のカップめんやビール、つまみを買ってホテルに戻る。

 

 

翌日

東京スカイツリーを目指して歩く。

Imga0100


前に来たときは遠く感じたが、今回は割とあっさり到着。

Imga0087_2


近くから撮影すると、やはりカメラに収まらない・・・。

チケット売り場付近は、人でごった返している。

Imga0095


チケット購入に80分かかると言われ、並ぶのが嫌いな僕はあっさり諦める。

平日だっていうのに何でこんなに混んでるの?

上に行くのは、もう少し人々の関心が薄れてからにすることにし、下からの眺めを写真に収める。

 

Imga0089


それにしても近くでみると圧巻。

 

少し離れたところから撮影する方が絵になるなぁ。

Imga0099

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日 (木)

説明会は戦いだ

昨日は,久々に頭に血が上った。

 

課長は,こちらが苦労して作った資料には一切目もくれず,ピントがずれた話をする。

「明日の説明会は,昨年度からの変更点を中心に説明するのか?」

『そうじゃねぇよ。散々説明したろぅ。話聞いてるのか,テメェ。』とは言わないが,こちらもちょっと声が荒くなる。

資料は読まない,話は聞かない。

これは,今に始まったことではないが・・・。

 

それから,別の上司からは,「もう(来春には)異動と思っているから、来年度(残される者)のことを考えていないだろう」みたいなことを言われた。

その時は,「そんなことはない。来年度のことを考えて、自分はこれこれこういうことをやっている」という話をしたのだが,帰宅中にふとその言葉を思い出して腹が立ってきた。

冗談で言っているなら,そんな冗談は言われたくないし,本気で言っているなら具体的にどこなのか説明してもらいたい。

 

さらに,「来年度から年度計画や評価の作文をどうしたらいいんだ」みたいなことも言われた。

年度計画や評価の業務は,現在の本来の業務からはちょっと外れる仕事だ。

『俺の存在価値ってそれだけかい。』

だんだん不機嫌になっていくので,ますますネガティブな発想になっていく。

ということで,昨日は酒を飲んで就寝。

 

そして今日、懸案だった説明会があった。

僕は,説明会は戦いの場と思っている。

そのつもりで配付資料や説明用の原稿を作成し,準備に時間をかけて臨んだ。

 

僕からの説明は予定どおり、ちょうど1時間で終えた。

時間の配分は完璧。

普段、あまりしゃべらないから1時間ぶっ続けで話すのは、結構しんどい。

説明後、参加者から質問や意見を求めたが、たいした質問や意見は出なかった。

それは,資料の内容や説明が良かったからという見方もできるが,聞いている者がリアリティを持っていないからとも言える。

リアリティを持って聞いてもらっていないと言うことは,こちらの説明が悪いからだろう。

まだまだ修行が足りないということか・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

学習発表会

今日は、娘が通う小学校で学習発表会があった。

僕が小学生の頃は、学芸会と言ったが、今は学習発表会と言うらしい。

Imga0069

僕の娘は5年生で、今年は合奏と合唱を披露してくれた。

ルパン三世のテーマ曲、いきものがかりの「風が吹いている~♪」っていう曲の演奏。

それから、天空の城ラピュタのテーマソングの合唱。

Imga0035

 

昼ごはんは、近くの回転寿司で軽く打ち上げをしたのだが、注文したものが出てこないことにヨメは憤慨していた。

 

それを挽回するのが、日曜日恒例となりつつある「鍋」だ。

注文したものが出てこなかったからお腹が空いてきた。

 

 

明日は、東京出張。

先月行って気に入った浅草にまた行ってこようと思う。

時間があれば東京スカイツリーにも上ってみたいところだが、どうすっぺ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

年間130万円

今日は仕事が捗った。

自分で何かを作る作業は、とても集中できる。

 

さて、ヨメの会社の景気がいいらしい。

どんどん発注が入って,通常なら閑散期になりつつあるのに,12月一杯まで休みは日曜日だけになるようだ。

工場長なる人物がどんどん仕事を請け負うからこうなっているらしいのだが・・・。

週休1日は体への負担も大きい。

 

働けば働くほど収入が増えるのはいいのだが,年間130万円を超えるようなことになれば,
僕の扶養からハズレ,国民年金や国民健康保険に加入しなければならないし,扶養手当ももらえなくなる。

年末調整に影響するのは103万円だったけか。

収入のことはさておき,ヨメが忙しい中,家庭内でどうフォローしていくかが緊急の課題だ。

僕はできることがないからなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

話し続けること

来週の木曜日にちょっとした打ち合わせというか、説明会を企画しているのだが、その準備がなかなか進まない。

骨子になる資料は9月中にできていたのだが、1時間くらい話さなければならないので、それなりの肉付けが必要となる。

その準備をしようとすると別の仕事が舞い込んでくることもあって、思うように捗らないのだ。

30分程度話をするのと、1時間話し続けるというのとでは、こんなにも違うものかと痛感している。

来週の月曜日と火曜日は出張なので、一層焦りを感じている。

 

やるからには、意味のあるものにしたいし、できるだけ質の高いものにしたい。

今日はその準備を進めることができるだろうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

アクオスとダイソン

昨日、室蘭に行き、一泊して今日帰ってきた。

 

室蘭では、ケーズデンキとヤマダ電機をはしごして、ヨメの父が液晶テレビを購入。

シャープアクオスの40インチ。

今年の夏モデルで、先に行ったケーズさんでは63,000円、次に行ったヤマダさんでは63,800円だった。

ヤマダさんで、ケーズさんでは63,000円だったことを言うと、62,000まで値下がりしたので、ここでお買い上げ。

 

シャープのクアトロンモデルは、確かに綺麗だが、高い。

でもこれは、罠だと思う。

比較して見るから綺麗だと感じるけど、三原色でも十分綺麗なのだ。

 

ちなみに、現在のテレビは、地デジ対応のブラウン管テレビ。

地デジとは言え、とても映りが悪い。

テロップの文字などはぼやけて見えないのだ。

まるでアナログ放送を見ているような感じ。

 

 

ヨメは、掃除機が欲しいらしい。

ダイソンのやつね。

 

日本製に比べると軽くてパワフル。

吸い込む力が強すぎて、動きが何となく重い。

 

でも、日本製も悪くない。

シャープ製などは、プラズマクラスターが付いていて排気が綺麗だし、アシスト機能があるので、動きもスムースだ。

遠心分離機にもプラズマクラスターが付いているモデルもあって、吸い込んだゴミに静電気が発生するのを防いでくれる。

僕は、シャープ製がいいと思うけど、ダイソンはブランドイメージがあるね。

ま、掃除機に関しては、ヨメが満足できる商品を購入するのが一番だ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

左肩が痛い・・・

最近,左肩が痛い。

ちょっと肩を上げただけで,激痛が走ることがある。
どういう動きをした時に痛みが走るのか読めないので,だんだん左腕を使うのが恐くなってきた。

 

原因はなんだろう。

 

夏場から運動のため,wiiスポーツのボクシングに填っていたせいかもしれない。

長い時は,1時間くらいやり続けてしまう。

傍目には,無様な姿でやっているのだろうが,当の本人は,コンピュータ相手にマジになって腕を振り回している。

僕の場合、右パンチより,左パンチを繰り出すことが圧倒的に多く,そのせいかもしれない。

 

ヨメは五十肩というが,これが本当なら早くも老化現象ということで,ちょいとショック。

老化現象といえば,最近物覚えが悪いのが気になりだした。
ともかくメモを取らないと不安になる。

脳トレで少し鍛えた方がいいかもしれないと思い始めた今日この頃・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年11月 1日 (木)

ジャイアンツファンですが、何か?

日本シリーズ、見ています。

今日はジャイアンツ大勝で、日本一に大手となり、大変気分がよろしい。

 

僕は、子供のころからジャイアンツファン。

日本ハムが北海道のチームとなったことがきっかけで、野球を見るようになった俄かファンとは違う。

そうは言っても、球場に足を運んだり、グッズを買ったりといった熱狂的なファンではない。

子供のころは、ジャイアンツ戦しか放送されなかったこともあり、何となく好きなだけ。

まあ、見方を変えれば、一途なだけなのだ。

 

現実には、道内では日ハムファンの割合が圧倒的。

日本ハムファンでなければ北海道民に非ず・・・という空気があるので、カミングアウトはしていない。というかできない。

隠れキリシタンは、このような心境だったのだろうか。

 

昨日は、日本ハムがサヨナラ勝ちをしたので、職場はその話題で大いに盛り上がっていた。

ジャイアンツファンの僕は、シ・カ・ト。

明日は、野球の話題は禁句になるだろう。

 

ところで、最近、海外からのコメントが寄せられている。

何を書いているのか分からないので、これもシ・カ・ト。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »