« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の2件の投稿

2012年7月29日 (日)

オーストラリアに行ってきたよ5

オーストラリア旅行も後半へ突入。

ゴールドコーストは晴天の日が非常に多く、1年のうち300日が晴れているという。

Imga0341


 

現地ガイドの案内で、「動物王国カランビン野生動物保護区」の観光へ。

目玉は何と言ってもコアラだ。

Imga0360


こちらでは、見るだけではなく抱っこして記念写真を撮ってくれるのだ。

ほとんどのコアラは寝ている。

1日20時間寝るらしい。

 

もう一つ、オーストラリアと言えば、カンガルーがいる。

Imga0377

人馴れしていて、全くやる気なし・・・。
 

自販機にカンガルー用の餌が販売されていて、その餌を口元に持っていくと、半分寝ながら食べている。

Imga0378

 

 
コアラを満喫した後は、車で移動し、ゴールドコーストのビーチを眺めながら、フィッシュアンドチップスの昼食となる。

まあ、要はポテトフライと白身魚のフライである。

Imga0381_2

Imga0385

ビールも格別だ。

それにしても、ゴールドコーストのビーチは、サーファーズパラダイスという地名からも分かるように、本当に綺麗で、景色も素晴らしい。

Imga0405

暑い時期に来て、海に浸かりたくなる。

 

さて、その後、ホテルのチェックインを済ませ、ゴールドコーストで一番高いビルに登る(もちろん有料)。

こちらの景色も圧巻。

Imga0425

 
夕食はイタリアンにしたが、何となく脂っこくてあまり食が進まず。

Imga0472

このティラミスは美味しかったので写真を撮ってしまった。
 

 

翌日は、フリープランでムービーワールドへ行くことにした。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月28日 (土)

オーストラリアに行ってきたよ4

もう2ヶ月以上前の話。

オーストラリア4日目

4日目はフリープランとなっていて、各自オプショナルツアーなどを楽しむ。

我が家は、1日目同様,船で海に出ることにした。
やっぱり「海」でしょ。

Imga0259


今度は,島ではなく,ポンツーンと言う沖に浮かぶ桟橋に行く。
海岸付近の浅瀬ではないため,浅瀬ではお目にかかれない景色や熱帯魚などを楽しめるということだ。

カクレクマノミやウミガメも見られるかも・・・と大いに期待していた。

 

 

 

 

ところが悲劇は突然訪れる。
 

沖に出ると波が高く、船がグラングラン揺れる。
だんだんと血の気が引いてくるのが分かる。
「船酔い」だ・・・。
 

娘は,朝食をリバース。
 

しかし,どんなに辛いからと言って,船から海に飛び込むワケにもいかない。
ひたすら耐えるしかないのだ。

家族みんなして酔い止めを飲んだのだが,娘はゲロゲロ,僕は脂汗タラタラ。
ヨメは一番軽そうだったが,1週間くらている感覚が続いたようだ。

ということで,途中で立ち寄るフィッツロイ島で急遽下船することになった。

 

現地スタッフに連れられて,ホテル入り口付近のソファーで休む。
2時間くらい休んだろうか。
 

Imga0266_2


ちょっと元気が回復したところで,軽く昼食を取り,僕と娘は海へ。

Imga0278_3


天気が曇りがちで,海が若干濁っているため,あまり視界は良好ではなかった。

あまり体調が優れないこともあり,90分程度で海から上がり,帰りの船を待つことに。

ポンツーンに行けなかったことは残念だったが仕方ない。
次回があるかどうか分からないが,どこかでリベンジできればと思う。
(それにしてもトラウマになること間違いなしだ)

帰りも船酔いが懸念されたので,船内ではなく船外にでることに。
心地よい海風に当たっていると船酔いも忘れて,娘ははしゃいでいた。

Imga0296_2


Imga0316_2


ホテルに戻り,一休みし,夕食を取る。
そろそろオージーメニューが食傷気味になってきた。

Imga0322


DFSでブランド品を購入するのもいいが,それほど物欲が無い方であれば,ナイトマーケットはオススメだ。
高級土産店に行くよりも,ここをブラブラする方がずっと楽しい。

翌日は,夜明け前にゴールドコーストへ移動となる。
ということで,さっさと就寝したのだった。

 

 

 

翌日は、午前3時起床。

ケアンズからゴールドコースト(ブリスベン空港)へ。

飛行機の中で夜が明ける。

Pp

疲れがピークに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »