« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の3件の投稿

2011年7月28日 (木)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り④

さて、2年越しのロケ地巡りも遂にファイナルとなりました。

 

「フツー」のラーメンはどこなのか?

59

61

 

ここは、やはり「ジモティ」に相談だ。

 

ということで、ニュー阿寒ホテルの従業員に上の写真を見せて、

「ここどこですかねぇ?ラーメンがおいしいところらしいのですけど・・・。」

「どこだ~?」 首をかしげる従業員さん。

写真を眺めること2~3分。

 

従業員さんの一人が「赤いベレーかな~?」と。

写真を指さして、「ここらへん赤いベレーぽくない?」

「あ~言われてみれば・・・」

「その赤いベレーは、ラーメンが有名なんですか?」

「いや~別に~」

  

唯一の手掛かりを頼りに赤いベレーに向かう我ら。

Sany1097

前が見えん。

5月下旬だって言うのに、外の気温は3度。

 

そして、赤いベレーに到着。

Sany1106

Sany1103

最初の写真と見比べてください。

ビンゴです。

 

店に入り、注文です。

62

「この写真と同じラーメンが食べたいのですけど」

「これは何かしら・・・。多分、塩ラーメンだと思いますけど」

「じゃあ、塩ラーメン」

待つことしばし。

出てきたラーメンが、こ・れ・だ。

 

Sany1110

Sany1108

どんぶりの色も同じ。見た目も同じ。

絢香さんが食べたラーメンと同じモノと確信した!

 

早速いただく。

63

Sany1111

そして、お約束の

64_2

「フツー」

これがやりたかった・・・涙・・・。

 

Special Thanks! ニュー阿寒ホテル!!

そして、マリモの密漁を監視しているオジサン!! 

 

 

これまでに、いろいろロケ地巡りをしてきましたが、僕が行ける所は、これで全てです。

取りあえず、僕に課せられた任務はこれで終わり・・・となりました。

後は、絢香さんが復帰されて、新たなロケ地が出てくるのを待つことになります。

 

 

ところで、この「赤いベレー」は、宿泊施設が併設されていて、裏手には、キャンプ場もあります。

Sany1117

そこで、来月には、ここでキャンプをすることになっています。

またまた「フツー」のラーメンを食べてこようかな。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り③

昨日に引き続き、ロケ地巡りの続きです。

 

さて、この滝口という所が、写真の最終撮影ポイントの模様。

Sany1051

 

メイキング映像では、このように木にもたれかかるシーンが出てきます。

37

38

39 

この時撮影された写真は、歌詞が書かれた冊子やファンクラブ会報の表紙も飾っています。

3枚目のキャプ画では、奥に橋が見えますね。

この橋が、例の「あっぺ」している橋です。

 

ここは、この辺りの場所になりますね。

Sany1067

絢香さんが、もたれかかっている木は、一番右に写っている木。

調子に乗って、我が家の「あやか」にも似たようなことをしてもらいました・・・。

Sany1066

  

そして、ちょいと立ち位置を変えたこのシーン。

43

Sany10652

ちょうど、赤丸の位置に立って撮影されたものです。マチガイナイ。

  

そして、撮影はフィニッシュ。

引き続き、記念撮影に。

45

この記念撮影が行われたのも、ほぼ同じ場所。

Sany1064

この木の前でございま~す。

この写真の左側の木、絢香さんがもたれかかっていた木でございま~す。

 

撮影が終わったロケ隊は、撤収へ。

50

53  

登山道入口の道路から国道に出てきたロケバス。

 

その後、ロケバスの車窓から見える景色から、位置を推測。

57

「まりも」の文字が見えます。

よって、ここは阿寒湖温泉街。

この場所も、きっちり見つけてきましたよ。

Sany0981

「まりも通り」というアーケードなのでした。

ちなみに、この「まりも通り」のアーケード、計3か所に設置されていて、道幅の違いからか、微妙に違います。

Sany0976 

 

間髪入れずに、ロケバスの車窓からは、「お食事カナヤマ」の看板が見えます。

58

それが、こちら。

Sany0979

アーケードとの位置関係は、こんな感じ。

Sany0983

  

 

ロケバス内では、今12時半で、30分で行ければ大丈夫だけど、1時間かかったらアウトみたいな会話が。

絢香さん「え~食べた~い」

 

そしていきなり、ロケバスが到着した場所がココ。

59_2

61

一体、どこなんじゃ?

阿寒湖から30分くらいの場所だろうということで、事前に地図で目星を付けて、道中でも意識して探していたのですが、1日目には全く見つからず・・・。

  

ここで、またヨメが機転を利かせて、ニュー阿寒ホテルの従業員に訪ねてくれた。

だが、ホテル従業員一同、首をかしげるばかり・・・。

 

次回「絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り」最終回。

「フツー」のラーメンの正体が明らかになるか?

乞うご期待!

   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り②

さてさて・・・長らくお待たせしました・・・。

ようやく例のロケ地巡り、第2弾!

 

別の湖畔に出ることができるポイントを発見し、近づいてみると。

『おっ、こんな景色あったような・・・』

 28

この場所は、ここなんじゃないかな~。

Sany1050

おそらく撮影された時期より1月以上まえなので、木々の緑の具合が違いますが、恐らく間違いないかと思います。

この場所は、釣りのスポットでもあるようで、釣り人もチラホラ。

  

そして、映像は、ベストアルバムのジャケ写を思わせる映像へと切り替わります。

29

先ほどのポイントからちょっと右にターンすると、奥に何となく近い稜線が見えます。

Sany1047

これは、ちょっと確信がありません。違うかも・・・。

  

写真の撮影を終え、車に戻ろうとすると軽トラに乗り、窓から双眼鏡を片手に湖畔を監視するオジサンが。

何とも強面で、何も悪いことをしていないのに怒りだしそうなオーラがムンムンしています。

僕は眼を合わさずに車に戻ろうとしていたところ、自称社交的なヨメが大ファインプレーをやってくれたのです。

  

 

持ってきていたキャプ画の写真を見てもらい、この場所がどのへんなのか尋ねてくれました。

54

「あ~、この辺は『滝口』ってところだぁ。」

「車で行くことはできますか?」

「近くまでは、いけるさ。」

「どの辺りですか?ヒョウタン池の方まで行くんですか?」

「いや、そこまでは行かね。国道に出て左に進むんだぁ。そしたら、左に登山道の入り口あっから。そっから入っていけばいんだ。」

「その登山道への道は分りやすいですか?」

「道の脇にお地蔵さんがあっからよ、それが目印だぁ。」

「あ、ありがとうございます!」

「でも、ここ(写真の真ん中の橋を指して)は、あっぺしてあっからよ、入れねえよ。」

『あっぺ?』(何だか分らんが、ありがとうオジサン!)

  

ところで、かの有名な「マリモ」は、この阿寒湖にしか生息していません。 

後で分ったのですが、このオジサン、マリモの密漁を監視している方のようです。

   

  

ということで、『滝口』というポイントへ移動。

Sany1052

 

お~っ!まさにこの場所は・・・。

Sany1054

先ほどオジサンに見てもらった写真の場所!

そして、ファンクラブ会報の12号に掲載されている写真の場所でもあります。

 

ちなみに、先ほどのオジサンが言っていた『あっぺ』とは、『閉鎖している』みたいな意味と理解。 

 

そして、この「滝口」、阿寒湖の隠れビューポイントですね。

Sany1069  

Sany1058

熊が出るんじゃないかという恐怖がありますが、人がいないし、静かで美しい。

ということで、疲れたので次回に続く・・・。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »