« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の4件の投稿

2011年6月25日 (土)

父の日のプレゼント

今年の父の日は、これをいただきました。

Sany1122

缶ビールをビールサーバーのように注げるグッズとグラス。

このグッズに缶ビールをセットして、グラスに注ぐ。

そして、レーバーを押せば、泡・・・という優れもの?

 

僕が中国に出張している間に、2人で買いに行ったらしい。

今年のキャンプは、どちらも持参しなくては。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

中国出張

先日、5日間中国に出張しておりました。

初の海外出張。

 

実際に行ったのが、瀋陽市と天津市。

どちらも、大きな都市で、高層ビルやマンションが立ち並んでいます。

 

行ってまず衝撃を受けるのが、車の多さ。

そして、車優先社会の現実。

 

歩行者が車を避けて移動しなければなりません。

赤信号でも車は右折(日本で言うところの左折)が許されているので、歩行者側が青信号でも車がドンドン突っ込んできます。

道路が混雑してくれば、車が歩道を走り出す。

車線はあって無いようなモノで、車線変更が頻繁に繰り返され、道路上はグチャグチャ。

クラクションは常にどこかで鳴っている。

高速道路では、路側帯からでも追い越しをかける。

 

ちょっと日本では考えられない現象がいろいろあります。

ただ、クラクションは鳴りっぱなしなんですが、日本人がクラクションを鳴らすのとはかなり違う意識と感じました。

日本人の場合は、「ドケ」とか「ジャマだ」という気持ちを出すのに使われることが多いと思う(少なくとも僕はそうです。正直。)のですが、中国人の場合は、「ここにいますよ」と自分の車の存在を周囲に知らせている。

   

  

訪れた瀋陽、天津とも、6月だというのに気温は30度以上。

アチぃぞ~。

今回は、下見と打ち合わせのための出張で、本番は来月(7月中旬)。

7月の本番では、僕は留守番ですが、天津市は40度以上になるという。

男性でも日傘をさして歩くとか・・・。

お疲れさまっす。

   

ちなみに、天津には甘栗はあったけど、天津丼は日本料理なので悪しからず。

 

そうそう、10年使えるパスポートはプライベートでも有効に活用させてもらいます。

   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

絢香さんベストアルバム メイキング映像ロケ地巡り①

ひょうたん沼を断念し、阿寒湖に戻ってきた我ら。

チェックインして不貞寝でもしようかと思ったが、粘り強くロケ地巡りを慣行!

 

それでは、早速ロケ地巡りの報告をしましょう。

まず、絢香さん一行が、宿泊先のホテルで夕食を採っているシーンがありますね。

01

この緞帳を手がかりに阿寒湖のホテルの宴会場をネットで探したところ、ニュー阿寒ホテルということが分かりました。

ホテルの従業員さんにお願いして、この宴会場の写真を撮らせてもらいました。

Sany1085

緞帳を下ろすと

Sany1090

こんな感じ。ビンゴですね。

 

04

続いて、ロケバスが映っているシーンがあります。

この「AZBY」を手がかりにネット検索してみると、北海道内のロケをコーディネートする会社ということが分りました。

協力作品の中に、絢香さんの名前も。(漢字間違っているぞ)

 

最初に撮影が行われたこの場所。

12

ここは発見できず・・・。

今でも、ここは「ひょうたん沼」だと思っていますが、未確認のため確証なし。

 

ロケ隊は、車で移動。

18

映像には、舗装路から、ダート道へと変わる場所があります。

それは、ここ。

Sany1035 

阿寒湖に沿って、西側に車を走らせるとこの場所に出くわします。

 

このダート道をさらに進むと、すぐ近くに湖畔が見える場所があり、釣り人のと思われる車が数台止まっています。

ここに、我々も車をとめ湖に向かってケモノ道を歩いてみました。

Sany0985

 

まさに、ここが次のロケ地の場所だったのです。

19

Sany1028

左側の太い木の模様が一致します。

この道を歩いて、この場所で撮影したのは間違いありません。

 

24

お次は、このシーン。

Sany1033

ちょっとアングルが違いますが、右側の太い木、中央の2本の木も同じ木。

娘が歩いている倒木も同じように残っています。

  

26

これも同じ場所で撮影されたもの。

Sany1022

このケモノ道をもう少し進んだ場所で撮影されたと思われます。

この地点での撮影はこれで終了。

 

次は、ジャケ写の撮影ポイントへと移動するのでした。

つづく。

 

 

 

 

 

 

 

  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

阿寒湖方面に行ってきたよ。

行ってきました阿寒湖方面。

 

出発は、先週土曜日。

娘の運動会終了後なので、出発したのは午後3時ころ。

日高と鹿追の道の駅に寄り道したこともあり、帯広に到着したのは、午後8ころ。

 

駅前に予約していた安ホテルにチェックインして、近くのファミレスで食事。

席に着くと、水とともにメロンソーダが出てくる。

これは、帯広のローカルルールなのか、この店のサービスなのかは不明だが、全て娘にプレゼントし、大人2人は中ジョッキで乾杯。

 

帯広なら豚丼でしょうということで、僕は豚丼を注文したけど、ちょっと外したかな。

やはり「ぱんちょう」の豚丼を食べたかった・・・。

でも、ぱんちょうは午後7じまでだったから仕方ない。

 

食後、ホテルに戻り、風呂に入ってこの日は就寝。

明日に備えるのだった・・・。

  

  

翌、日曜日。

ホテルを9時ころ出発し、帯広周辺の道の駅のスタンプを次々と制覇。

Sany0948

Sany0950

Sany0951

Sany0952

Sany0957

Sany0962

Sany0974

  

まあ、今回は道の駅の話ではないので、詳細は省略。

一番最後の写真にある道の駅「あいおい」で昼食を済ませ、午後2時ころ阿寒湖温泉郷に到着。

まずは、自分たちが宿泊する「ニュー阿寒ホテル」の場所を確認。

Sany1074

絢香さんをはじめ、スタッフの方々は、このホテルに宿泊されたのですね。

もっと、いいホテルがあるだろうに・・・と思ったりもしましたが、今回のロケ地巡りでは、こちらのホテルの方に大変お世話になったのです。

 

早速、ロケ地の本命と睨んでいた「ひょうたん沼」を目指す。

国道からひょうたん沼に向かう道に差し掛かったところ・・・。

Sany1096

何と、通行止め・・・。

いきなり出鼻をくじかれるという波乱のロケ地巡りがスタートしたのでした。

つづく。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »