« 疲れ気味かな | トップページ | ブーブークッション »

2009年11月 1日 (日)

水槽の棚を作った

徐々に寒さが増してきました。

この連休は天気が悪く、いつ雪が降ってもおかしくない状況だった。

でも、天気予報はハズレ、僕が住んでいる辺りでは、雪にはなっていない。

  

昨日は、天気が悪くなる前に庭木の冬囲いをしました。

毎年の事なのだが、いい加減にやっているので、一向に上達しない。

こんな囲い方で越冬できるのか?とか、そもそも囲っている意味があるのか?という形のモノもあったりして・・・。

「あれ~どんな風にやっていたっけ? まあ、いいや」という感じで、例年どおりいい加減に終わらせた。

  

  

ところで、遂にザリガニの赤ちゃんが生まれ出した。

Zarigani0_1
 

僕は、ある朝水槽を見ると、全ての卵が孵化し、赤ちゃんザリガニが水槽一面に泳ぎ回っている姿を想像していたのだが、そうではなかった。
ある程度、時間をかけて少しずつ卵から孵るようだ。

 Zarigani0_5

 
親ザリガニと一緒の水槽で飼育していると食べちゃうらしいので、子どもたちは別の水槽に移すのが良いらしい。

 
それにしても、移し替える作業は大変だ。
米粒くらいの赤ちゃんがピョンピョン水中を動き回るからね。

目をこらしてみると、ホントに小さなハサミを持っているんだよ。

母さんザリガニは、相当神経質になっているみたいで、落ち着きがない。夜中に動き回っていると思われ、朝起きてみると、巣穴とかエアポンプが違う場所に移動している。

本当は、子ども同士で共食いをするらしいからできるだけ小分けするのが望ましいらしいけど、水槽がいくつあっても足りないじゃん。

それによぅ、どうやって越冬させるんだよぅ。

次から次へと・・・。

  

 

ということで、トイレに簡単な棚を作り、ここに全ての生物を置くことにした。

Sany0028_2

夜間、家の中は暖房を停止させるので、ここトイレにパネルヒーターを置き、24時間暖かくすることにした。

右側の水槽が金魚とデメキン、真ん中がヤドカリ、左側の上が母ザリガニとその赤ちゃん、その下にも赤ちゃんザリガニがたくさんいます。

これで、とりあえず越冬は可能かと思うのですが、大きな地震があったらどうなってしまうのだろう・・・。

 

|

« 疲れ気味かな | トップページ | ブーブークッション »

ちょっと読んでよ2009」カテゴリの記事

コメント

トイレはお部屋も小さいし、暖房も少しで澄みそうで良い考えだと思いますよ。
私は水槽ものは外出も多くて、その上に猫2匹も居るしで、管理しきれないと思ってあきらめました。
戸外で越冬できない鉢植えは、北側の玄関ホールの大窓に育成灯付きのガラスケースを置いてそこに入れてます。
暖房無しですから寒いけど、5℃程度はあるから凍らずちょうどいい。
もう15年もこの手で何とかやってます。

投稿: Rosalia | 2009年11月 1日 (日) 23時48分

あら、澄みそうって(笑)。すみません間違えました。
正しくは「済みそう」です。

ああそれにしても、金魚、飼いたかったです〜。
子供の頃から「睡蓮と金魚」の陶製の大鉢仕立てが大好きで、大人になったらやってみようと思ってたのに…。

投稿: Rosalia | 2009年11月 1日 (日) 23時51分

Rosaliaさん、こんばんは。
そうなのです。
トイレは、一番小さな個室なので、効率的ですよね。
私が旅行などで家を空けるときは、ご近所の方に預かっていただくか、車で20分くらいのところにある実家に持って行きます。
そう言えば、ハムスターを飼っていた時は、一緒に連れて行っていました。

作った棚はニスのニオイが消えず、娘からは不評です・・・。

投稿: こーへー | 2009年11月 2日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461192/32030270

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽の棚を作った:

« 疲れ気味かな | トップページ | ブーブークッション »