« Wii Sports Resort | トップページ | 心穏やかな日々 »

2009年11月24日 (火)

私の禁煙方法

私、禁煙をしてもうすぐ4年になります。
 
以前は、1日20本弱を喫煙していました。
もともと、それほどのヘビースモーカーではありませんでしたが、一般的なニコチン中毒だったと思います。
ですが、比較的簡単に禁煙に成功しましたね。

 

先日、ある番組でタモリさんが、「タバコを吸いたいという欲求は、15秒しか続かない」というようなことを言われていました。だから、吸いたくなったら15秒我慢していれば、いいと・・・。
これを聞いて、「なるほど」と思いましたね。
この考え方は、自分が実践した禁煙方法にも通じるところがあると思いました。

 

さて、私の禁煙方法をご紹介しましょう。

 
一応、断っておきますが、私はいわゆる禁煙本を一切読んだことはありません。
もしかして、禁煙本の中に類似した方法が紹介されている可能性もありますが、決して盗作はしておりませんので悪しからず。

 

タバコを吸われる方であれば、おそらくほとんどの方がそうだと思いますが、吸うタイミングがある程度決まっていると思います。
 
例えば、朝起きて直ぐ、食後、仕事で行き詰まった時・・・などなど
 
一言で言えば、私の場合、このタイミングで「タバコを吸ったことに」してしまったのです。
日々の生活でタバコを吸うタイミングになり、脳からタバコが欲しいと指令を出したところで、吸っていなくても、吸い終わったと思い込ませる方法です。
 
そうすることで、徐々にタバコを吸うスパンを広げていき、完全に禁煙に至りました。

 

と言っても、最初から簡単にはいきません。
 

それなりの工夫が必要です。
 

もちろん、タバコそのもの、灰皿、ライターなど、吸いたいという欲求のきっかけとなるものは、目に入らないようにすべきです。
 

それから、気合いの入れ方ですが、私の場合、ちょっと試しに禁煙してみようか・・・くらいの気持ちからスタートしました。
何が何でも禁煙してやる!と力みすぎるとダメかもしれません。
 

私も、いきなりハードルを高くし、突然タバコを断つようなことをするのは逆に難しいと思い、少しの間、タバコに火を付けていました。ただし、肺に吸い込むのを止め、吹かすようにしていました。そうすることで、「吸った」と体に思い込ませることにしましていきました。

 

もう一つ、効果的なのは、タバコを吹かす際、タバコの味が吐き気を感じさせる気持ち悪い味というイメージ・意識を植え付けていきました。そうすることで、徐々に吸い込むことに抵抗感が生まれてきました。

 

そのような過程を経て、タバコを買うことを止めていくと、自然と要らなくなりました。
 

飲み会などで、タバコを吸う人を見たり、煙のニオイで、ちょっと吸いたい気持ちになるのは確かですが、それこそ数秒経てば、気にならなくなります。

 

タバコを止めたい方は、ちょっと試されてはいかがでしょうか。 
 

|

« Wii Sports Resort | トップページ | 心穏やかな日々 »

ちょっと読んでよ2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461192/32345747

この記事へのトラックバック一覧です: 私の禁煙方法:

« Wii Sports Resort | トップページ | 心穏やかな日々 »