« コブクロのチケットが来ない。 | トップページ | 親と子の距離 »

2009年10月 9日 (金)

「遺旅」ってなんだ?

台風はいつの間にか過ぎ去っていた。

札幌は、雨が少し降ったが、風はほとんど無し。

かなり東側に逸れていったのが幸いした。

 

さて、話は大きく変わる。

昨日、職場で訃報が回覧されてきた。

その回覧にメモ書きがあり、「遺旅 ○○○○(妻)」と書かれていた。

「遺旅?ハテ?」

 

僕は、席が隣の若手に尋ねてみた。

「これって何?何て読むの?」

「『いりょ』でしょうか。でも多分、『遺族』と間違ったんだと思います」

「あ~遺族ね~。・・・。フ~ン・・・。これって誰が持ってきたの?」

「総務課の△△さんです。」

△△さんは、今年の9月に採用になったばかりの新人君だ。

 

「彼ってさ、確か、大学院修了してるって話だったよね。何が専門なんだろうね。」

「何でしょうね。文学とか社会学だったらどうしましょう」

「俺たちの世界で、理系の大学院出てくるヤツっていないだろう。法学とか経済だよな。それにしても、『族』と『旅』を間違うかなぁ? 小学校で習う漢字だぜ。だけどさぁ、遺族と書こうとしていたとしても、おかしいよな。普通『喪主 ○○○○(妻)』だろう。」

「そうですよね・・・。」

「もしかしたら、俺たちが知らないだけで、こういう言葉があるんじゃない?」

「そういうこともあり得ますね」

「何かさ、『旅』っていうのが、天国に旅出させるみたいな意味があるのかもしれないよ。」

「ちょっと調べてみますか。」

「それにしても何て読むんだ。『いりょ』か『いたび』かぁ。」

「どっちでも漢字に変換されませんね。」

  

数分後、「遺族」の誤りであったことが判明した。

頑張れ新人君! 

昼休みにPSPとかDSばかりやってないで、漢字の勉強したらどうだ?

  

 

|

« コブクロのチケットが来ない。 | トップページ | 親と子の距離 »

ちょっと読んでよ2009」カテゴリの記事

コメント

お、おつかれさまです!!
以前にタウン雑誌の編集をしていた頃です。
「完璧」を、何度注意しても「完壁」ですらなく「完ペキ」と書いて来る新人が居て(しかも取引相手へのプレゼン資料なのに)、私も困った覚えが有ります。
でも、私もワープロやパソコンになってから、漢字がなかなか出てこないし、正しく書けないのですよ(嘆)。

今夜のA-Studioが楽しみです。

投稿: Rosalia | 2009年10月 9日 (金) 22時36分

Rosaliaさん、いつもコメントありがとうございます。
「完璧」の話、何となく他人事とは思えないです(苦笑)。ワープロで変換するなら大丈夫でしょうが、自分で書くとなると「壁」と書いてしまうかもしれません・・・。
自分のブログなどで「完ペキ」はアリだと思いますが、オフィシャルな書類となればマズイですね。
私は、カタカナを意図的によく使います。

投稿: こーへー | 2009年10月 9日 (金) 23時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461192/31720637

この記事へのトラックバック一覧です: 「遺旅」ってなんだ?:

« コブクロのチケットが来ない。 | トップページ | 親と子の距離 »