« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月の12件の投稿

2009年8月31日 (月)

周辺機器とフリーソフト

最近、ほとんど更新のないパソコンネタです。

  
僕のパソコン、いつの間にやら、周辺機器が増えています。

Sany0022
 

まず、スピーカー
このおかげで、最近はヘッドフォンで音楽を聴く機会が減りました。
ただ不思議なもので、もっといいモノ、いい音が欲しくなりますね。

「だけど、パソコン買い換えまでガマンするか・・・。」

 
一応、次期のOS「Windows7」を搭載したモデルが発売され、ある程度経過し、落ち着くまでガマンするつもりです。
(そうなると来年か・・・)

  
    

話は戻って、より良い音を求め、何となく、ヤフオクでコンポなどを検索。
あまりにもたくさんあって、何が良いのか、自分が求めている性能を持つマシンがどれなのか分からない。

 
「マジメに検討するとなると、かなり面倒」
   

そんな時、ふと思った。
「こんなコンポを買うのではなく、パソコンの音楽再生ソフトを、別のものにしたらどうなんだろうか。もしかしたら、フリーでいいモノがあるかもしれない。」
ということで、検索してみると、いくつかありますね。
   

僕は、このサイトから、いくつかダウンロードして聴き比べてみた。
その中で、一番素敵だったのは、ALSongというフリーソフト。

Alsong2

いろいろある機能を使いこなせていないのですが、「高音質サウンド効果」というメニューがあって、これを使うと、臨場感が格段に向上します。

 
個人的には超オススメですね。

Alsong

 

  
周辺機器としては、もう一つ。
キーボード
 

ノートパソコンには、マウスが無くても操作できるように、キーボードの下に「指先でなぞるセンサー」がありますよね。
ノートパソコン本体のキーボードで文字を打っていると、このセンサーに反応して、カーソルの位置が、勝手に移動してしまうのよ。
それを解消するために、新たに購入したワケで。
  

「だけど、キーボードって侮れないよな~。」

 
指先でキーを叩く感触と叩いた時の、キーが沈み込むストロークの長さ。
このバランスで、文字を打つ時の気持ちよさが違ってくる。
きっと、キーボード評論家が巷にはたくさんいるんじゃないかな。

 

そういえば、最近、インターネットエクスプローラー8をインストールしたのですが、この影響か、ますます起動に時間がかかるようになってしまった。
 

早く新しいパソコンが欲しい・・・。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月29日 (土)

ベストアルバムのDisc-2

絢香さんのベストアルバムの詳細が徐々に明らかになってきましたね。

Disc-1は「絢香×コブクロ」の楽曲2曲を含む、全てのA面シングル。

 

初回限定版では、Disc-2があり、こちらは、投票でトップ10になった曲が収録されることになっていた。

選ばれた10曲を見て・・・選ばれるべくして、選ばれた10曲だね。

Best  

この曲順はどう決まったのだろう。

発表順というワケでもなさそうだし・・・。

きっと意味があるんだろうね。

 

ちなみに、僕は、「夢のカケラ」をリクエスト。

夢のカケラは、2年前に行われた第1回目のファンクラブイベントでも歌われた名曲。

この時も、ファンクラブ会員の投票の結果、ベスト3の1曲に選ばれるくらい人気がある曲なのだ。

 

それにしても、Disc-2には、結果的に「First Message」のオリジナル曲が「Start to 0」だけしか収められないことになった。

「アコースティックバージョン」とはなっていないので、「Jewelry day」のカップリングではないハズだ。

 

「First Message」・・・ミリオンセラーだぜ~。

「Sing to the sky」より売れているのに~。

  

  

選定されなかった曲に何があるのかチェックしてみた。

「ライラライ」かぁ。

「迷路」もある。

何となく、選ばれないのも分かるのだけど、これらの曲も素晴らしいのは確かだ。

  

そして、ボーナストラックとして、「みんな空の下」のピアノバージョンですか。

恐らく、ベストアルバムのために、新たにレコーディングをすることはないと思うので、ミュージックビデオの音源かな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009年8月27日 (木)

「太郎物語」(曽野綾子著)

最近、ふと思い立ったように読み返した本「太郎物語」。

 Sany0192
僕・・・この本、大好きなんです。

 
太郎物語で検索すると、まず「山田太郎物語」がヒットすると思うけど、そ うではありません。
 

この本の主人公は、「山本太郎」くん。
曽野綾子さんの本で、自分の息子「三浦太郎」氏を主人公にして書いた本だ。
 

今まで、何回読んだか分からないけど、いつも元気にさせてくれる。
今回10年ぶりくらいに読んだけど、恐ろしいほど書いている内容を覚えているのに自分でも驚いた。
   

ちなみに、主人公の太郎氏、今は、文化人類学の研究者で、中部大学で教授をされているそうですね。

 
物語の中では、名古屋の「北川大学」に進学するという設定。

もちろん、これは架空の大学で、実際には、南山大学に進学されたらしい。
「北」の反対の「南」、「山」と言えば「川」ということか。

  

印象的な場面はいくつもある。
太郎くんのキャラは、僕の理想に近いものがあって、こういう洒落た会話が出来たら素敵だよな~つくづく思わされる。

それはさておき、本が読みたくなったなぁ。

 
こういう素晴らしい本にまた出会いたいね。
 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月26日 (水)

東京タワー

先日の絢香さんのシンフォニックコンサートの翌日、飛行機まで時間があることもあり、たまたま目に入った東京タワーに行ってみることにした。

Tokyo_tower213

新橋から歩いたため、かなり汗が・・・。

(午前9時くらいだったから、まだ気温はそれほどでもなかったのが幸いだった)

  

 

「展望室まで820円か~。高いな~・・・。でも、ここまで来たら、少々高くても行くしかないな・・・」

  

  

エレベータを下り、眼下に広がる景色は・・・

  

「っていうか、このくらいの高さなの?いきなり期待はずれかオイ!」

Tokyo_tower213_3

  

そう思いつつも、せっかくなので、一回りして、写真を撮りまくるのだった・・・。

「つくづく貧乏性だなぁ。」と思うが、良く言えば「貪欲」だ。

ん、貪欲って褒め言葉か?

  

 

さらに上にも展望室があるようで、そのためには、追加料金が必要のようだ・・・。

「何て阿漕だ。その手に乗るか。」

  

この展望室は2階立て?になっていて、下に降りるためのエレベータに乗るためには、階段で1階に行かないとならない。

ここには、面白いものがある。

Tokyo_tower213_9

ちょっと恐いです・・・。体重の気になる方は要注意です。

 

エレベータで下に降りると、「奇跡の一枚 写真展」が行われているのを発見。

これは、テレビ朝日のロンドンハーツの企画で、写真撮影された芸人の奇跡の一枚が展示されている。

Tokyo_tower213_12

入場無料なので、入ってみることに。

ただし、展示されている写真の撮影はNGでした。

  

思わず、目を疑いたくなるような写真がたくさん展示されていました。

女性よりも、男性の写真の方が、変化の度合いが大きく感じられ、その分、なぜか笑える・・・。   

「いや~、良いものを見たわ。」

 

 

ところで、もう一つ、撮影した写真

Tokyo_tower213_6

この間、コブクロさんのアルバム「CALLING」の初回限定版を購入した。

その中に同胞されていたDVDの映像を見ると、東京タワーを虹色にライトアップする様子が収められている。

その時、コブクロさんが東京タワーを見ていたのは、この芝生の場所だよね。

 

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年8月23日 (日)

オイル交換

スバルでは、昨日、今日とお客様感謝デーでした。

僕は、いつもの無料点検に加え、オイル交換もしてもらった。

 

この前、いつ、何㎞の時点で交換したのか全く覚えていないが、そろそろしておいた方がいいかなと思ったワケで。

  

全く管理ができていませんね・・・。

 

本当に車を大事にしている方なら、キチンと記録を残して、「5,000㎞ごとに」とか「○ヶ月ごとに」交換するということを決めている。

 

僕も、以前乗っていたターボエンジン搭載車(BH5)の時は、それなりにメンテナンスに気を配っていた。

それだけ、魅力的な車でもあったからな~。 

 

それが、NA車(BP9)に乗り換えた途端に、いい加減になってしまったのだ。

「まあ、NA車ならそこそこのメンテナンスで大丈夫だろう・・・」という甘えがあるのが事実。

   

実際、そこそこのメンテで大丈夫なんだよね。

  

ターボ車とNA車、購入後の維持費は結構違うかも。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月22日 (土)

公演延期・・・

思わず買っちゃったよ。

Sany0184

今まで、絢香さん関連の記事が掲載されていようが、買ったことはなかったのに・・・。

 

いやいや、それはさておき、今日は青森でライブの予定だった絢香さん。

体調不良のため、急遽出演を中止したらしい。

予定されていたライブに出ることができないというのは、よほど体調が悪いのだろう。

 

  

自分も含め、その辺のサラリーマンが仕事を休むのとはワケが違うからね。

 

 

う~ん、今の気持ちを表現できる適当な言葉が見あたらない・・・。 

 

シンフォニックコンサートの時も、体調は良くなかったのかな。

    

これでは、シンフォニックコンサートのレポどころの話じゃないよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月21日 (金)

シンフォニックコンサート①

2009年8月20日

東京国際フォーラムホールA

絢香さんのシンフォニックコンサートに行ってきました!

Sany0194 

17時45分ころ、会場付近に到着。

「ここが最後尾」という看板を持っているニーチャンに、「これは何の列ですか?」と一応確認して、最後尾に並ぶ。

 

会場に入り、グッツ売り場への列に並ぶも、スタッフから「Tシャツとパスケースのみの販売です」との声が・・・。

それなら「いらない」ので、僕は列を離れた。

タオルがあるなら欲しかったけど、そもそも販売されていなかったのかもしれない。

 

今回、「初めてのことかもしれない」と思ったのは、2,000円の巨大なポスターが販売されていたこと。

それから、直筆のサインが入ったグッツが当たる抽選会をやっていたことだね。

僕は、どちらにも興味がないのでスルーして、さっさと座席に着いた。

ただ座っていても、興奮して落ち着かないので、開演ギリギリまで本を読んで過ごした。

   

そうそう、近くには、小倉さんが若いネーチャンを連れて来ていた。

   

  

19時をちょっと過ぎた頃、いよいよ開演。

 

ともかくね、本当に素晴らしかった。

個人的には、今まで参加したライブ・コンサートの中で一番素敵な歌声を堪能させていただいたと思っている。

前半は、数カ所アレンジしている箇所があった。

これは、ムリして声を張り上げるのを避けるためなのだろうと感じたが、実際には、アレンジする方が、より良くなると判断した結果かもしれない。

全体的に、美しいビブラートを響かせていたし、裏声も素晴らしかった。

 

ともかく、聴いている我々に対して、心を込めて歌っているのが伝わってきたよ。

 

後半に入ると、喉の調子が良くなってきたのだろう。

ますます、クリアな美しい声がホールに響いた。

みんな空の下のプロモーション活動を全てキャンセルして、この2日間のコンサートに向けて体調を整えてきただけのことはある!

(ただし、絢香さんは、正真正銘のプロだから、仮に体調が悪くても、高次元のパフォーマンスができてしまうけどね・・・。)

 

 

いつものライブと異なり、オーケストラということもあって、今回は、座って聴くことが多かった。

僕にとっては、これが本当に良かった。

座って、目を閉じて、声に集中できた。

 

 

後半になり、「おかえり」を歌った後、絢香さんは、みんなに立つように促す。

その後は、「1・2・3・4」と「Power of Music」。

ここまでは、立って、手拍子して・・・という感じだったのだが、僕は、座って聴く魅力に耐えかて、次の「夢を味方に」からは、完全に座ってしまった。

「立って聴く方が良い」という感想の人が多いようだけど、僕は断然座って聴く方が良いと思った。

  

このような形態のコンサートを企画していただいて、本当に感謝ですね。

国際フォーラムという会場も、僕にとっては初めてだったんだけど、本当に素晴らしい音響設備が整っていると感じた。

座った場所も、ちょうど真ん中付近だったのが良かったのかもしれない。

    

ともかく、絢香さんは、最高のアーティストということを認識させていただきました。

ありがとう。

Sany0186

   

コンサートが終わって、会場から出ると、無性にビールが飲みたくなった。

そこで、缶ビールを買って、余韻に浸りながら、宿泊場所の新橋まで歩いた・・・。    

     

東京に1泊して今日の夕方、ようやく自宅に戻りました。

とりあえず、疲れているので今日は「総論」だけにします。

「各論」はまた後日・・・。

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年8月18日 (火)

天狗山

小樽の観光スポットの一つ。
天狗山に行ってきました。
ここは、夜は小樽の夜景が素敵だし、冬はスキー場になります。

Sany0167

 

 
名前の由来は知らないけれど、レストハウスには、天狗展示室があって、日本各地の天狗のお面が展示されている。

Sany0171

 

 

地味だけど、敷地内には、いくつか施設もある。
まずは、シマリス公園。

Sany0152

柵と網で囲まれた敷地内に、かなりたくさんのシマリスが放し飼いされています。
早速、100円でエサ(ひまわりの種)を購入。
エサを持った手を差し出すと、特に人に慣れているシマリスは、手に乗りエサを持って行きます。

Sany0160

 

  

それから、・・・
冬期間は、ゲレンデとなる斜面に、特設のコースを作られていて、ボブスレーのようなもので滑る「スライダー」があります。

Sany0182

 
実は、天狗山には、これを体験したいがために来たようなものなのだ。
8歳未満の子どもは、大人と一緒に乗らないといけないことになっている。
大人料金は1回300円。
僕と娘は2回乗った。
 

ある程度、スピードを上げると、思わず声が出てしまうほど、爽快でとても気持ちが良い。
 

コースの途中5カ所に、文字が書かれた看板が設けられていて、ゴールした後に文字を組み合わせて、一つの言葉を作る。
正解だと、おもちゃor ソフトクリームの半額券がもらえるのだ。

 

ここは、自然が残されているからね。

Sany0166

こういう場面にも遭遇することもある。

Sany0165

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月17日 (月)

きたむら かっぺフェスティバル

我が家が毎年恒例で参加するイベント。

「きたむらかっぺフェスティバル」

毎年8月の第3土日曜日に開催される。

  
今年は、ヨメの実家(室蘭)から一度帰宅してから、祭り会場に移動したこともあり、到着は18時30頃。
完全に例年より出遅れました。
車を止め、早速会場へ移動。

Sany0105

  

お祭りと言えば、金魚すくい。
娘は、これを楽しみにしていた。

 

料金は珍しく、2種類設定されていて、1回300円か100円。
この料金の違いは、ポイ(金魚をすくうもの)の紙の厚さによるらしい。
普通のが300円、薄いのが100円という設定だ。

  
最近の金魚すくいは、1回300円で、持ち帰り可能なのは金魚1匹まで、出目金は別料金などどいう料金設定が多かったりする。
もっとも、最近では、すくっても持ち帰らない方が多いようだが・・・。
いわゆる、キャッチアンドリリースですか~。
   

その点、この祭りでは、すくっただけ持ち帰り可能なので、良心的ではあります。
  

我が家では、300円コース2回、100円コース1回を行い、出目金2匹、金魚4匹をゲット。
今まで、1匹だけだった水槽が一気に賑やかになりました。

Sany0140

 

 

さて、この祭り、名物は何と言っても2000発の打ち上げ花火。
 
Sany0058

横とか斜め上じゃない。
自分の真上に上がる花火を見ることができる。

だから、立ったり座ったりして見るより、寝転がって見るのが一番なのだ。

そこには、都会の花火大会ではなかなか味わうことができない醍醐味がある。

  

  

ところで、我が家のペットたち。
金魚に加え、アメリカザリガニ1匹、クワガタ(メス)2匹。
ザリガニは、過去の2匹は2、3日で死んでしまったけど、3匹目のは、しぶとく生きている。
それにしても、ザリガニの水って、どうしてこうも臭いのだろう。

 
これで、沖縄に行ったら、オカヤドカリが加わることになるな~。
もう、飼育するための水槽や虫かごがありません・・・。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

またまたビューホテル

この土日は、定山渓温泉に行ってきた。

ヨメ、娘に義理の父を加えた4人という異色の組み合わせ。
 

  

我が家の場合、定山渓と言えば、ビューホテルなんですよ。

 

夏休みで、土日ということもあって、かなりの混雑具合。
 

プールはイモの洗い場となっていた。
 

夕食も朝食も、人が多くて、食べたいものを手に入れるのにちょっと苦労する。

 

やはり、夏休み中だからね。

子ども向けのちょっとしたコーナーもある。

その一つが、となりのトトロに出てくる「ネコバス」。
Sany0065

子どもたちは、みんな乗り込んで、楽しそうだ。
そりゃそうだよね。

 

個人的に、今回の旅で良かったのは、爆睡できたことだ。
横になって本を読んでいたら、眠くなり9時くらいに就寝。
翌朝6時くらいまで眠ることができたのだ。(僕にとって9時間の睡眠は奇跡的なこと)
途中、目が覚め、向かい側の団体客が騒がしいと一瞬思ったのだが、すぐに再び眠りに入った。
 

後で聞くと、万歳三唱やら歌が響いていたらしい。
一体、何の団体だ?

 

 

翌日は、円山の墓地でお墓参りを済ませ、帰宅。

地元では、ローカルなこぢんまりとしたお祭りが開かれていて、福引き券を片手に抽選会。

  

果たして・・・

 

 
見事「北洋銀行賞」をゲット!!
 

「中身は何だ?」

「銀行の商品だから現金じゃないか?」

という勝手な期待もあったが、そんなはずはない。

 

中身は「シャーベット」の詰め合わせでした。 

 

庶民ですから。

いただければ、素直にうれしいです。

ありがとうございました。

  
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 9日 (日)

シンフォニックコンサート

絢香さんのシンフォニックコンサートのチケットが届きました。

  

僕が参加するのは8月20日(金)。

座席は、1階のほぼ真ん中、ちょいと右よりかな。

   

ライブは、一旦、これで聴き納めということもあって、ちょっと感傷的にもなってしまう。

   

国際フォーラムかぁ。

東京駅のソバだよね。

そのホールにどんな美しい声を響かせてくれるのだろう。

   

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団の演奏だぜ。

僕ね、若いエネルギーが迸る(ほとばしる)熱~いライブもいいのだけど、椅子にドッカと座って、目を閉じて、その声に集中するライブにも憧れがあるのよ。

絢香さんのライブでは、いわゆる「聴かせる」歌の時は、いつも目を閉じてその歌声に集中している。

「本当は座って聴きたいのだが・・・。」

「勝手に座ればいいじゃん。」

「そのとおり・・・」

 

  

東京・・・暑いだろうなぁ。

ライブの前にバテてしまわないようにしないと。

 

 

飛行機は、時期的に、特典航空券(マイルを交換した航空券ね)での座席確保が難しかったけど、マメにサイトをチェックして、どうにか確保した。

ホテルも予約済みだ。

ということで、一応、準備は整った。

  

おっと、休暇を取らねば。

  

平日のライブだからね。

北海道からの遠征となると、2日間の休暇が必要だ。

う~ん、周囲からの白い目が、胸に痛い。

  

  

ところで、ベストアルバムが9月に出ることになったようだ。

ベストアルバムって、ファンにとっては買い得感があまりない商品だよね。

だって、発表されているCDは全部もっているからね。

 

未発表曲が納められているとか、改めて収録したとか、全編ライブ音源とか・・・そういうサプライズがあれば、面白いんだけどね。

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月 7日 (金)

病み上がり

病み上がりです。

なぜか、毎年8月になると体調を崩す僕。

  

先週土曜日に飲み会があって、翌日曜日から調子が悪くなった。

いや、今思えば、飲み会の前から体調が悪かったのかも・・・。

 

本格的に、悪くなったのが日曜日。

どんどん熱が上がり、39.3度まで上昇。

頭はガンガン痛い。

これは、二日酔いなのか?熱の影響か?

  

その後、熱よりも頭痛に苦しめられることとなった。

 

 

そして、ようやく昨日から、仕事に復帰。

食欲も戻りつつある。

薬のせいか、いつもよりも「ボー」としているのが自分でもよく分かる。

 

 

来年の8月は気を付けないと・・・ね。

  

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »