« 花泡香(hana-awaka) | トップページ | このブログについて »

2009年4月 7日 (火)

絢香さんのこと

とりあえず、今の気持ちを綴っておきます。

   

昨日、コメント欄に書いたけど、
絢香さんは、年内で活動を休止した後は、
何となく復帰することはないような気するなあ。
 

根拠はないけどね・・・。

 
もし、復帰するにしても、
10年くらい先じゃないかな。
 

病気が治ったら、
妊娠・出産・育児というのがあるだろうしね。

  

 

  

病気ということを聞かされると、
僕の勘違いとか思い過ごしかもしれないけど、
納得できることが、いろいろと思い浮かんでくる。
  

昨年のライブツアー(Sing to the sky)では、
北海道の2公演の出来はあまり良くなかった。
 

ライブツアーを通して、「声に注目してらいたい」ということを
言っていたのだが、「札幌公演」では言わなかった。
というか、言えなかったのではないだろうか。

 

それから、ある時点を機に、
声の質が変わったように思うんだよね。

具体的には「Jewelry day」から。

何て言うか、ごく僅かだけど、
僕は声にノイズを感じていた。

だから、周囲が「ますます歌がうまくなって・・・」という
評価をすることに違和感を感じていた。

ただし、あくまでもCDを聴いている時のことで、
ライブなどでは、すばらしい歌声を披露してくれていた。

 

   

 

ファンの間では、絢香さんを応援するための
何らかのアクションを企画している人もいるようですね。
 

「ずっと応援している」とか「復帰するまで待ってます」とか
熱いメッセージもたくさん届いていることでしょう・・・。

 
これは、絢香さんにとっては、とてもうれしいことでしょうね。

 

 

 
申し訳ないけど、僕は、特に直接的なアクションをするつもりはないし、
復帰するまで待っている自信もないなあ。

先のことには、正直、責任持てない。
 

 

ただ、これだけは言える。
これからもブログの中で、ネタが尽きるまで、
下らないことを書き続けさせてもらいます。

   

 

ふと思ったけど、将来、こういうことはあるかもしれないね。

 
絢香さんが、作詞・作曲した歌を、誰か別のアーティストが歌う・・・。

ファンは、もちろん満足しないけどさ。

  

僕にとって、絢香さんの一番の魅力は声なのです。
あの歌声は、誰にも代え難いと思っている。
 

 

何だか徒然なるままに書いてしまった・・・。

結局言いたいことは何だったんだ・・・?

   

|

« 花泡香(hana-awaka) | トップページ | このブログについて »

絢香2009」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!また遊びに来ました。
なるほど、こーへーさんは、復帰はないと。
残念ながら、僕は復帰を強く願う一人です。だから?

ただ、本人の判断ですから、最終的にどうなってもそれは、ファンとしては受け入れるつもりです。

声に魅力を感じた……それは、私も絢香さんを好きになった最初の理由です。素直に「いい声だ」と思ってのめりこんだわけ。これからも嫌いになることはないと。

どうぞ、これからも徒然なるままに…宜しくお願いします。笑い

投稿: おんばと | 2009年4月 8日 (水) 00時19分

久々に来ましたdelicious
私は絢香の日記の内容からして
復帰してくれる気がするし
いつまでも待ち続けますshine

でも色んな思いの方が
いますもんね(^ω^)

投稿: みなみ | 2009年4月 8日 (水) 00時36分

こーへーさんこんにちは。
絢香さんの結婚は寂しい部分もありますが、これからの幸せを祈ると共に祝福したいと思います。

それよりも病気での休止の方がショックでした。
年一回のライブが夫婦の楽しみであっただけに見れないとなると残念に思います。
私はライブには2回しか参加してませんが、2回のライブでも大きな差があるのを感じてました。1回目の「PeaceLoving」の時は音響設定にほぼ不満無く気持ちよく聴くことができたのに対し「Sing to the Sky」では音も音量が大きめで時々割れる時がありやや不満に感じる部分がありました。そのときは音響の設定が悪いんだろうなと感じましたが、今考えると音を大きくせざる得なかったのでは思います。気のせいかもしれませんが・・・

復帰も期待したいところですが、今は健康と幸せをファンとして願いたいと思います。
病気を克服しフルパワーになった絢香さんに会える事を楽しみにしてます。

投稿: シロネコ | 2009年4月 8日 (水) 10時42分

復帰に関する憶測については、まったく同感ですね。
ちなみに自分の勘違いとか思い過ごしかもしれないのは、こーへーさんと一緒に見たライブでしたけど…そして自分も特に直接的なアクションをするつもりはないですが、復帰するまで待っている自信というか応援し続けることだけはたぶんできると思っています。未来のことは半信半疑な部分が多いので、断言は出来ませんけど。

さて話題はまるっきり変わりますが、新しいPVの撮影ロケ地はまさに自分の地元ですね~懐かしい気持ちでいっぱいです(笑)

投稿: TAKASHI | 2009年4月 8日 (水) 21時39分

おんぱとさん、いつもコメントくださいましてありがとうございます。

もちろん、僕も、復帰を強く希望しています。good
その点は、一緒ですよ。

絢香さんを聴くようになって、他の女性アーティストの声を意識するようになりましたが、
ホント類い希なる歌声だと思わすにいられませんね。

投稿: こーへー | 2009年4月 8日 (水) 21時59分

みなみさん、こんばんは。

そうなんですか。
絢香日記からは、復帰の予感が伝わってきたのですね。
それは、うれしい情報です。
残念ながら、僕は、絢香日記ってほとんど見たことが無いんです。
自分の携帯電話を持っていないので・・・。

投稿: こーへー | 2009年4月 8日 (水) 22時05分

シロネコさん、お久しぶりです。

ご夫婦でライブに参加されていたのですね。
僕は、ヨメのみならず、娘も巻き込んで、道楽に付き合わせていました(苦笑)。

なるほど、シロネコさんは、一昨年と昨年のライブの違いを感じたわけですね。
やはり、病状は徐々に悪化していたのかもしれませんね。

ともかく、病気から復帰されてファンが望む歌声を響かせてくれる時が来ることを願って止みません。

投稿: こーへー | 2009年4月 8日 (水) 22時59分

Takashiさん、こんばんは。

そうですか。一緒に見たライブですか。
ということは、あの「三日月」で声が出なかった時のことですかね。

何だか自分の書き込みのせいで、
絢香さんの歌の悪いところを探すような動きになってしまった感じで、
罪を感じています・・・。

PVのロケ地は、地元ですか。
ならば、レポはTakashiさんにお任せします(笑)。

投稿: こーへー | 2009年4月 8日 (水) 23時10分

 はじめまして。
ときどきプログを見てましたおっさんです。
 私はFIRST MESSASGE以来3回ライブに行きましたが、昨年のsing to sky が最も素晴らしいものであったと思います。(松山)
席が最前列真中近くという特等席だったせいかもしれませんが、Jewelry dayを聞きながら恍惚としてしまいました。すごく汗をかいて服がぐっしょりしてたので病気というのは間違いないと思います。
FIRST MESSASGE(広島クラブクアトロ)も勢いのあるライブで素晴らしかったとは思います。
2回目のライブ(peace loving)が最も印象が薄い感じです。このころから薬を飲み始めたのかもしれません。
 彼女の素晴らしい歌声が聞けなくなるのは残念です。
 個人的には 彼女の声フェチなので軽く歌う感じでもいいので、復活してほしいと思ってます。

投稿: qtaro | 2009年4月12日 (日) 09時47分

qtaroさん、はじめまして。
First messageから参加されているということは、
デビュー当初からのファンなのでしょうか。

僕は、Peace loving・・・が初めてのライブでした。
本当のライブを体感する前に、First messageのライブDVDを見ていましたので、
これが、いわばベンチマークとなっています。

今月下旬に武道館でライブが行われますが、その後、
単独のライブが行われるのか、とても気になりますねよ。

投稿: こーへー | 2009年4月12日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461192/29015083

この記事へのトラックバック一覧です: 絢香さんのこと:

» バセドウ病 絢香 [夢をかなえるために、、、何事も社会勉強]
セレブな結婚めざす人へ♪ 運命の人と出会う究極の方法 絢香×コブクロ/あなたと(CD)商品価格:555円レビュー平均:5.0 絢香さんのこと 絢香さんは、年内で活動を休止した後は、 何となく復帰することはないような気するなあ。 根拠はないけどね・・・。 もし、復帰す....... [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 16時12分

« 花泡香(hana-awaka) | トップページ | このブログについて »