« 席替えで気分転換 | トップページ | 新年度のドキドキ »

2009年3月31日 (火)

普通運賃のメリット

ふと思ったんだけど、
飛行機の普通運賃のメリットは何なのか?
 

パッと思いつくのは、便の変更が可能なこと。
それから、マイルの積算率が高いことかな。

  
分刻みの激務に追われているような方であればともかく、
多くの場合は、特割の料金で乗る方が合理的じゃないだろうか。

  
特割は、経路や時期によっては設定がなかったり、
割引率が低くて普通運賃とあまり金額が変わらない場合もあるので、
ケースバイケースだけどね・・・。
  

 

例えば、出張先での会議が
予定より早く終わったとしよう。
 

そして、予約した飛行機よりも
早い時間にフライトする飛行機に間に合うとしよう。

 
そもそも、便の変更といっても、
空席がなければどうしようもない。
「俺は普通運賃を払っているんだから、
安い料金しか払っていない乗客はドケ!」
というワケにはいかない。
(実際には、搭乗する飛行機を交換する
調整も可能のようだが、
それなりの対価も必要となるハズ。)
  

まあ、早い便に空席があったとしよう。

  
便の変更ができない特割1とか特割7で予約している場合、
まず、現在の予約を取り消して、
普通運賃で航空券を買い直す必要がある。
  

その際、追加出費となるのは、払戻手数料と取消手数料。
それから、運賃の差額だ。

1つのサンプルが次のとおりだ。
 
 Photo
 (JALの3月13日の運賃で作成したものです)

 

人それぞれ、立場とか状況が違うから、
天秤にかけた結果は異なると思うけどね。

 
僕個人としては、早い飛行機に乗らなければならないような
特別な事情がない限り、割引運賃の方がいいと思うけどね。

 

|

« 席替えで気分転換 | トップページ | 新年度のドキドキ »

ちょっと読んでよ2009」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/461192/28898953

この記事へのトラックバック一覧です: 普通運賃のメリット:

« 席替えで気分転換 | トップページ | 新年度のドキドキ »